ヒルトングランドバケーションズ

2022年もホテルダイレクトステイでHGVポイントを無駄なく使おう!

ヒルトン沖縄瀬底リゾート プール

ヒルトングランドバケーションズ(HGV)では2022年も「ホテルダイレクトステイ」が継続されます。対象ホテルや利用方法など詳しく紹介します。

2022年もホテルダイレクトステイでHGVポイントを無駄なく使おう!

ヒルトングランドバケーションズ(HGV)では、2021年に引き続き2022年も「ホテルダイレクトステイ」を継続しています。

昨年2021年は7か所のヒルトンブランドホテルが対象となっていましたが、今年2022年はさらに7か所のホテルが加わりました。

そこで、2022年の対象ホテルや利用方法について分かりやすくまとめてみました。

 

ホテルダイレクトステイとは

コンラッド東京 エントランス

HGVでは、ポイントでヒルトンブランドのホテルに宿泊ができる「ホテルダイレクトステイ」というプログラムを提供しています。

 

ホテルダイレクトステイの主な特徴

ホテルダイレクトステイの主な特徴は以下のとおり。

  • クラブポイント・セーブドポイント・ボーナスポイントが利用でき、合算することも可能
  • 1泊から宿泊可能
  • 朝食無料・レストランでの飲食代割引
  • エグゼクティブラウンジ利用可能(一部のホテルを除く)
  • 宿泊対象の客室は限られている
  • 予約手数料($99)あり

 

ホテルダイレクトステイ対象ホテル一覧

2022年ホテルダイレクトステイの対象となっているヒルトンブランドホテルと1泊の最低ポイント数を一覧表にしました。

2021年から引き続き対象となっているホテルは表の上部7か所で、下部7か所が2022年から新たに加わったホテルです。

対象ホテル最低ポイント数
コンラッド東京3,500~
コンラッド大阪4,000~
ヒルトン東京2,400~
ヒルトン東京ベイ1,900~
ヒルトン名古屋2,700~
ヒルトン大阪2,600~
ヒルトン福岡シーホーク2,600~
ヒルトンニセコビレッジ2,000~
ヒルトン小田原リゾート&スパ2,600~
ヒルトン沖縄瀬底リゾート2,500~
ヒルトン沖縄北谷リゾート2,900~
ダブルツリーby沖縄北谷リゾート2,500~
旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン
ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts

※「旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションbyヒルトン」と「ROKU KYOTO, LXR Hotels & Resorts」は詳細な情報がまだ公開されておりません。

 

ポイント数について

一覧表には最低ポイント数を記載しましたが、時期・曜日・客室タイプなどによってポイント数は異なります。詳細は公式サイトでご確認ください。

また、ポイント数は今後も変動する可能性があります。

 

ホテルダイレクトステイの魅力

このホテルダイレクトステイは使い勝手の良さが魅力です。主なポイントを6つあげます。(詳細は公式サイトをご覧ください。)

 

魅力その1:HGVクラブポイントがそのまま利用できる

通常、HGV施設以外のヒルトンブランドホテルに宿泊する際にクラブポイントを利用したい場合は、ヒルトンオナーズポイント(ホテルポイント)へ交換する必要があります。交換には手数料も必要です。

しかしホテルダイレクトステイではクラブポイントをそのまま利用することができます。

 

魅力その2:セーブドポイントも利用できる

通常、ヒルトンブランドのホテルに宿泊する場合、繰り越したセーブドポイントを使用することはできません。

しかしホテルダイレクトステイではセーブドポイントを利用することができます。

 

魅力その3:ボーナスポイントも合算できる

通常、クラブポイントとボーナスポイントは合算して使用することはできません。それぞれの有効期限が異なるためという理由です。

しかしホテルダイレクトステイではクラブポイント・セーブドポイント・ボーナスポイントを合算して利用することができます。

 

魅力その4:1泊から宿泊できる

通常、HGVポイントを利用して施設をクラブ予約する場合は最低3泊からの予約となります。

しかしホテルダイレクトステイでは1泊からの予約ができます。

 

魅力その5:無料朝食サービスとレストラン飲食代割引

ヒルトン東京ベイ 朝食

滞在中は無料朝食のサービスを受けることができます。

また、レストランでの飲食代は20%割引きになります。

 

魅力その6:エグゼクティブラウンジへのアクセス

ヒルトン東京 エグゼクティブラウンジ カクテルタイム

通常、エグゼクティブラウンジへのアクセスは、エグゼクティブルームやスイートルームなどの宿泊者と、ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員に限られます。

しかしホテルダイレクトステイではそれらの対象者でなくてもエグゼクティブラウンジへのアクセスが可能となります。

※「コンラッド東京」と「コンラッド大阪」については、エグゼクティブルームおよびスイートルームに宿泊の場合にのみエグゼクティブラウンジの利用が可能です。

※一部のホテルではエグゼクティブラウンジがありません。

感染症対策のため、エグゼクティブラウンジの営業が制限されている場合があります。

 

ホテルダイレクトステイの予約方法

ホテルダイレクトステイの予約はクラブカウンセラーに電話で申し込みます。

0120‑805‑811(日本からのフリーコール)

03‑6866‑4900(日本国外・携帯電話から)

予約は「チェックイン予定日の8日前まで」としているホテルが大半ですが、中には「15日前まで」としているホテルもありますので、詳細は公式サイトでご確認のうえ電話していただきますようお願いします。

対象の客室は限られており先着順とのことなので、早めの予約をおすすめします。

 

ヒルトンオナーズ特典も

私は現在ヒルトンオナーズのダイヤモンド会員なのですが、2021年にホテルダイレクトステイを利用した際にはヒルトンオナーズ会員の特典も合わせて受けることができました。

ヒルトン東京 エグゼクティブラウンジ

具体的には、客室のアップグレードレイトチェックアウトが可能となりました。

さらに、コンラッド東京やコンラッド大阪ではエグゼクティブルームやスイートルームの宿泊ではなかったのですが、ダイヤモンド会員のためエグゼクティブラウンジを利用することができました。

 

まとめ

コンラッド東京 エグゼクティブベイビュールーム

2022年のホテルダイレクトステイについて、対象ホテルや利用方法をまとめました。

2021年の対象ホテル7か所がすべて期限を2022年末まで延長し、さらに7か所が追加されて合計14ヵ所のホテルが利用可能となっています。

通常とは異なりHGVポイントがそのまま使えたり、無料朝食サービスやエグゼクティブラウンジへのアクセスなど、使い勝手の良さと魅力的な特典が満載です。

海外のタイムシェアでポイントを使うことができない今だからこそ、国内のホテルを利用して楽しみましょう。

 

ホテルダイレクトステイの対象ホテルの中で、私が今まで宿泊したホテルについて宿泊記を書いていますので、そちらもぜひご覧ください。今後の宿泊計画の参考になればと思います。

コンラッド東京宿泊記はコチラ

コンラッド東京 外観
コンラッド東京 宿泊記(前編)~ エグゼクティブベイビュールームHGVポイントを使ってヒルトン系上級ブランドの「コンラッド東京」に宿泊しました。前編のこの記事では、エグゼクティブベイビュールームの様子を詳しく紹介します。...

 

コンラッド大阪宿泊記はコチラ

コンラッド大阪 エントランス
コンラッド大阪 宿泊記① ~ ツインプレミアムビュールームヒルトンタイムシェア(HGV)ポイントを使って「コンラッド大阪」に宿泊しました。この記事では、チェックインとツインプレミアムビュールームの様子を詳しく紹介します。...

 

ヒルトン東京宿泊記はコチラ

ヒルトン東京 外観
ヒルトン東京 宿泊記(前編)~ スイートルームにアップグレードヒルトン東京のジュニアスイートツインルームや館内施設について紹介します。HGVのホテルダイレクトステイでポイントを使って予約し、ヒルトンオナーズダイヤモンド会員特典で客室がアップグレードされました。...

 

ヒルトン東京ベイ宿泊記はコチラ

ヒルトン東京ベイ 外観
ヒルトン東京ベイ 宿泊記(前編) ~ セレブリオ・セレクト客室「ヒルトン東京ベイ」宿泊記です。アップグレードされたセレブリオセレクトの客室の様子を中心に館内施設についてもレポートします。コロナ禍でもダイヤモンド会員特典のサービスが楽しめました。...

 

ヒルトン名古屋宿泊記はコチラ

ヒルトン名古屋 宿泊記 ~ ヒルトンステータスマッチ チャレンジ中「ヒルトン名古屋」に宿泊しました。客室の様子や無料朝食について詳しくレポートします。ステータスマッチでゴールド会員になってからのヒルトンホテル宿泊記第一弾です。...

 

ヒルトン小田原リゾート&スパ情報はコチラ
(宿泊したのはタイムシェアの「ザ・ベイフォレスト小田原 by ヒルトンクラブ」ですが、ホテルのレストラン・大浴場・プールも利用したので、そちらも記事にしています。)

ヒルトン小田原リゾート&スパ ディナーブッフェ デザート
ザ・ベイフォレスト小田原 by ヒルトンクラブ宿泊記②~食事とラウンジなどザ・ベイフォレスト小田原 by ヒルトンクラブに宿泊しました。小田原市にある国内初のヒルトンタイムシェア施設のクラブラウンジやレストランの食事について詳しく紹介します。買い物に便利な小田原駅周辺情報も。...

 

ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記はコチラ

ヒルトン沖縄瀬底リゾート 外観
ヒルトン沖縄瀬底リゾート宿泊記 ~ オーシャンビュー客室と豪華朝食「ヒルトン沖縄瀬底リゾート」の宿泊記です。オーシャンビューの客室、豪華な朝食ブッフェ、目の前の瀬底ビーチの様子について詳しくレポートします。...

 

 

クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

関連記事