国内旅行

ヒルトン東京ベイ 宿泊記(前編) ~ セレブリオ・セレクト客室

ヒルトン東京ベイ 外観

「ヒルトン東京ベイ」宿泊記です。アップグレードされたセレブリオセレクトの客室の様子を中心に館内施設についてもレポートします。コロナ禍でもダイヤモンド会員特典のサービスが楽しめました。

ヒルトン東京ベイ 宿泊記(前編) ~ セレブリオ・セレクト客室

2021年7月上旬、「ヒルトン東京ベイ」に1泊しました。

ダイヤモンド会員特典で客室がアップグレードされ、「セレブリオ・セレクト」に宿泊することができました。

この記事では、客室「セレブリオ・セレクト」の様子や、館内施設について詳しく紹介します。

 

ヒルトン東京ベイとは

ヒルトン東京ベイ」は東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルの一つです。

都心から約20~30分とアクセスが良いロケーションにありながら、リゾート気分を味わうことができます。充実した施設サービスや多彩なタイプの客室が用意されており、ゆったり楽しく過ごすことができるホテルです。

 

ヒルトン東京ベイ 施設概要

施設名称:ヒルトン東京ベイ

所在地:〒279-0031 千葉県浦安市舞浜1-8

TEL:047-355-5000/FAX:047-355-5019

オープン年月:1988年7月

総客室数:828室

チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00

公式サイトはコチラ

 

アクセス

電車でのアクセス

JR京葉線・武蔵野線「舞浜駅」下車(東京駅より快速にて約15分)

舞浜駅からは

  1. ホテル直行の無料シャトルバス(ホテルまで約7分)
  2. ディズニーリゾートライン「リゾートゲートウェイ駅」よりモノレールに乗車し「ベイサイド駅」下車(約4分)
    →ベイサイド駅からホテルまでは、徒歩(約3分)または無料送迎バス(約1分)

 

車でのアクセス

首都高速道路湾岸線の葛西ランプ、または浦安ランプで降りる
※ホテル敷地内駐車場有(355台) 料金は公式サイト参照のこと

 

空港からのアクセス

羽田空港・成田空港からは「東京ディズニーリゾート地区経由ホテル行きリムジンバス」を利用し「ヒルトン東京ベイ」で下車。

 

ディズニー リゾートラインの利用

今回私たちは、JR舞浜駅からは無料シャトルバスではなく、ディズニー リゾートラインを利用してみました。

舞浜駅のすぐ近くにリゾートラインの駅「リゾートゲートウェイ ステーション」から乗車します。ヒルトン東京ベイなどオフィシャルホテルに行く場合は2つ目の「ベイサイド ステーション」で下車します。

ベイサイド ステーションからホテルまでは各ホテルの無料送迎バスが運行しています。

ヒルトン東京ベイへは徒歩でも数分という距離ですが、無料送迎バスがタイミングよく来たのでそれに乗りました。ヒルトン東京ベイ行きは3番のバス停から発車します。

 

ヒルトンオナーズサイトから予約

予約はヒルトンオナーズサイトから行いました。

ヒルトンオナーズ割引キャンペーンをやっていた際、最も安い「ツインヒルトンルーム」のパーク側を予約しました。料金は13,052円(税サ込)です。

もちろん客室のアップグレードを希望していたところ、宿泊前日にサイトを確認すると10階の「セレブリオ」にアップグレードされていました。

しかし、ここではあえてウェブチェックインはしないでおきました。

 

チェックイン時に客室アップグレード

ホテルのロビーは広々とした空間となっています。「丸」のデザインをあちらこちらに使っているので、つい隠れミッキーをさがしてしまいます。

ホテルのレセプションにはヒルトンオナーズ ゴールド会員・ダイヤモンド会員優先チェックインカウンターがあり、ほとんど待たされずにチェックイン手続きをしてもらえました。

↑ロビー階レセプション近くにあるプレイエリア

通常時であれば、ダイヤモンド会員なので「セレブリオ・ラウンジ」で対応してもらえたのかもしれませんが、感染症対策のためにセレブリオ・ラウンジは休止中となっていました。

客室は、前日確認した「セレブリオ」からさらにアップグレードされ、最上階11階の「セレブリオ・セレクト」パーク側というお部屋になりました。

ちなみに、宿泊当日の同じお部屋の料金は27,160円(税サ込)となっていたため、約半額お得になりました。

 

客室「セレブリオ・セレクト」の様子

最上階の11階「セレブリオ・セレクト」パーク側のお部屋の様子を紹介します。

広さは35㎡、シングルベッド2台です。

内装はホワイトを基調として家具は深いブラウンという色合い、床は濃紺に白い丸が飛んでいる模様となっています。シンプルで明るくさわやかな雰囲気のお部屋です。

 

「セレブリオ・セレクト」のお部屋は、浴室と洗面とトイレがそれぞれ独立しているというのが特徴です。2~4名の宿泊が可能のようですが、複数人で宿泊する際には大変便利で使いやすいですね。

浴室にはテレビがありました。バスアメニティはいつもの「クラブツリー&イヴリン」。

洗面所はコンパクトです。しかし、客室内のデスクにメイク用の鏡とイスがあるのでお肌の手入れやお化粧するスペースには困りません。

大型テレビに、ブルーレイディスク・DVDプレーヤーも備わっています。ペットボトルの水が2本置いてありました。

枕元にコンセントや集中コントローラーはありませんが、目覚まし時計にUSBポートが2つありました。充電しながらベッドでごろごろしてスマホがいじれますね。

窓際に「アクアソーダブルー」というきれいな色のソファーに白いテーブル。

テーブルにはメッセージとウェルカムスイーツ(生チョコ)がありました。このスイーツはダイヤモンド会員向けのものでしょうか?

お茶セットとして、ティーバッグとインスタントコーヒーが用意されていました。電気ポット・アイスペール、カップとグラスも。

↑写真には写っていませんが、この下にはミニ冷蔵庫があります。中は空っぽです。

客室のインターネットアクセス(Wifi)はヒルトンオナーズ会員なら無料で利用できます。チェックイン時にアクセスコードが書かれたメモが渡されます。ロビーやレストランなどでは誰でも無料でつながります。

クローゼットの中にはアイロンとアイロン台、金庫、スリッパは使い捨てのものとビニールの2種類がありました。

バスローブはなく、ナイトウエアの用意がありました。ナイトウエアは薄手の素材で、ひざ下まであるロングシャツタイプです。寝ている間にめくれ上がったりするので、気になる人はパジャマ用ズボンだけでも持参するといいかもしれません。

パーク側なので窓からディズニーランドが望めるのですが、工事中の建物が手前にあるので現在の眺望はイマイチ…。

しかもコロナ禍なので閉園時間も早く、花火も中止されているのでちょっと残念な眺望でした。

それでも一つだけよかったことがありました。というのも、夕方急な雷雨に見舞われましたが、その後パアッと晴れた際に虹が現れたのが見えました!

 

館内施設

ホテル内にある施設をいくつか紹介します。

現在の各施設の内容や営業時間については、公式サイトをご確認ください。

 

フィットネスのお風呂

地下1階のフィットネス「リビスタ フィットネス」にジムや室内プール、サウナやお風呂があり、宿泊者はプールやジムが無料で利用できます。

浴場は別途有料なのですが、ダイヤモンド会員なら浴場も無料で利用することができます。

なので、客室のお風呂ではなく、フィットネスの浴場を利用してみました。あまり広いお風呂ではありませんが、数人しかいなかったので、ゆったり使うことができました。

営業時間は6:00~20:00(最終チェックイン19:00、施設利用19:30まで)。タオルは客室内のものを持ってこなくても受付で借りることができます。

ロッカーのある脱衣所の洗面台にハンドソープ、洗顔ソープ、綿棒やくしがあり、浴場にはボディソープ、シャンプー、コンディショナーが用意されていました。(※化粧水や乳液、ボディクリームはありません。)

また、ダイソンのドライヤーや扇風機も備わっていました。

 

セレブリオ・ラウンジは休止中

「ヒルトン東京ベイ」の1階には「セレブリオ・ラウンジ」という名のいわゆるエグゼクティブラウンジがあります。

利用できるのは、セレブリオ・セレクトやセレブリオ・スイートの宿泊者と、ヒルトンオナーズ ダイアモンド会員の宿泊者のみです。

こちらで朝食やスナック、カクテルタイムに食事や飲み物が無料いただけます。

しかし、残念ながら宿泊時は感染症対策のため休止中となっており、「ザ・スクエア」というレストランエリア内に、ラウンジエリアを設けて対応していました。

ラウンジエリアでの食事等の様子については、コチラの記事で詳しく紹介しています。

ヒルトン東京ベイ 朝食
ヒルトン東京ベイ 宿泊記(後編) ~ ラウンジの食事と豪華朝食ブッフェ「ヒルトン東京ベイ」宿泊記後編では、休止中のセレブリオ・ラウンジに代わるラウンジエリアでの食事や、ダイヤモンド会員特典で無料でいただいた豪華な朝食ブッフェの様子を紹介します。...

 

コンビニエンスストア「ローソン」

1階にコンビニエンスストアのローソンがあります。24時間営業なので何かと便利です。

 

ディズニーショップ「ディズニー・ファンタジー」

ミッキーが入口で出迎えてくれるショップ「ディズニー・ファンタジー」も1階にあります。

宿泊時は営業時間が短縮されており、8:00~14:00となっていました。

リゾート内で買い忘れたお土産もここでゆっくり買うことができます。

 

テイクアウトデリ「フレッシュ・コネクション」

同じく1階にあるデリ「フレッシュ・コネクション」。

お店に行ってテイクアウトしたり、客室の電話からルームデリバリーも注文できたりします。店内にはおいしそうなフードが並んでいました。

 

「ヒルトン・グランド・バケーションズ」クラブラウンジ

ヒルトン・グランド・バケーションズ(HGV)クラブラウンジも1階にあります。

HGVのタイムシェアに興味のある方はぜひ立ち寄ってみてください。海外リゾートでの新たな楽しみ方が発見できます。

 

ノンストップチェックアウト

チェックアウト時に精算が無ければ「ノンストップチェックアウト」が可能です。

部屋を出る前に客室内の電話のボタン操作でチェックアウト手続きが完了します。あとは、帰るときに正面玄関前やロビー階エレベーターホールに置いてある回収ボックスにカードキーを返却するだけでOK。

レセプションに寄らずにそのままホテルを後にすることができます。

 

まとめと感想

客室「セレブリオ・セレクト」の様子やその他の館内施設について紹介しました。

ダイヤモンド会員特典として、客室がアップグレードされて素敵なお部屋にお得な料金で宿泊することができたり、フィットネスのお風呂が無料で利用できたりしました。

「ヒルトン・クリーンステイ」プログラムのもと感染症対策もしっかり行われており、ディズニー好きな人はもちろんそうでない人も、安心してゆっくり滞在が楽しめると感じました。

お部屋だけでなく、ラウンジや食事にも大満足でした。宿泊記後編で写真多めでたっぷり紹介していますので、ぜひコチラの記事もご覧ください。

ヒルトン東京ベイ 朝食
ヒルトン東京ベイ 宿泊記(後編) ~ ラウンジの食事と豪華朝食ブッフェ「ヒルトン東京ベイ」宿泊記後編では、休止中のセレブリオ・ラウンジに代わるラウンジエリアでの食事や、ダイヤモンド会員特典で無料でいただいた豪華な朝食ブッフェの様子を紹介します。...

 

 

クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

関連記事