サイトリニューアル中!!  >>新着記事はコチラ>>

ヒルトン東京ベイ 宿泊記(後編) ~ ラウンジの食事と豪華朝食ブッフェ

ヒルトン東京ベイ 朝食

「ヒルトン東京ベイ」宿泊記後編では、休止中のセレブリオ・ラウンジに代わるラウンジエリアでの食事や、ダイヤモンド会員特典で無料でいただいた豪華な朝食ブッフェの様子を紹介します。

目次

ヒルトン東京ベイ 宿泊記(後編) ~ ラウンジの食事と豪華朝食ブッフェ

2021年7月上旬、「ヒルトン東京ベイ」に1泊しました。

前編の「セレブリオ・セレクト」客室の様子に続いて、後編のこの記事では、ダイヤモンド会員特典で利用したラウンジエリアでの食事や、豪華な朝食ブッフェの様子を詳しくレポートします。

「ヒルトン東京ベイ」の基本情報や「セレブリオ・セレクト」客室の様子・館内施設について詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

ダイヤモンド会員の最大の特典

ダイヤモンド会員にとって最もうれしい特典がエグゼクティブラウンジの利用でしょう。

ホテルによってラウンジのサービス内容は異なりますが、それが滞在の楽しみの一つとなっています。このラウンジアクセス権利のためにダイヤモンド会員資格を得ようとする人も多いのではないでしょうか。

私にとっては、ラウンジの内容がそのホテル宿泊の全体的な印象を左右する重要なポイントにもなると思います。

セレブリオ・ラウンジは休止中

「ヒルトン東京ベイ」の1階には「セレブリオ・ラウンジ」という名のいわゆるエグゼクティブラウンジがあります。

ヒルトン東京ベイ セレブリオラウンジ

利用できるのは、「セレブリオ・セレクト」や「セレブリオ・スイート」の宿泊者と、ヒルトンオナーズ ダイヤモンド会員の宿泊者のみです。こちらでチェックイン手続きをしたり、朝食やカクテルタイムに食事や飲み物が無料でいただけたりします。

しかし、残念ながら宿泊時は感染症対策のため休止中となっており、食事に関してはレストラン内にラウンジエリアを設けて対応していました。

初めての利用だったので、「セレブリオ・ラウンジ」で行われる通常のサービスとの違いは分かりませんでしたが、充実した内容だったと満足しています。

「ザ・スクエア」内のラウンジエリア

「ヒルトン東京ベイ」には、エントランスを入って左に進んだ奥に、3つのレストランが入った「ザ・スクエア」というエリアがあります。

ヒルトン東京ベイ ザ・スクエア

その「ザ・スクエア」の中に、休止中の「セレブリオ・ラウンジ」に代わるラウンジエリアが設けられていました。

入口にいるスタッフに部屋番号を告げると、席まで案内してくれます。

宿泊時の営業については、以下のようになっていました。

  • 朝食     
     7:00~10:00 (L.O. 9:45)
  • カクテルタイム
     17:00~19:00

    感染症対策ばっちり

    ヒルトン東京ベイ ラウンジエリア

    飲み物や食事はブッフェスタイルなので、自分で取りに行きます。感染症対策として、席を離れる際にはマスクとビニール手袋の着用が求められます。

    ビニール手袋については、センサーに手をかざすと空気が出て手袋が膨らむので、そこに自分の手を入れて取る、という機械が設置されていました。

    また、手袋は都度使い捨てにし、一度使った手袋はテーブルに用意されている白い紙袋に入れ、次に食事を取りに行く際は新しい手袋を着用するよう案内されました。

    アイドリングタイム

    チェックインしたのは15:30ごろでしたが、その際に確認したところ、カクテルタイム開始の17:00までの時間帯もラウンジが利用できるとのことでした。

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ アイドリングタイム

    飲み物は、コーヒーや紅茶、ソフトドリンク類。スナックはクッキー、カッチェスグミ、プレッツェル、キャンディーの4種類のみの提供でした。

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ アイドリングタイム

    食べ物がちょっと少ないなーとは思いましたが、クッキーがとてもおいしかったです。

    カクテルタイム

    カクテルタイムは17:00~19:00。
    (※感染症対策のため、アルコール類利用は90分以内、2名まで)

    一度部屋に戻って、カクテルタイム開始に合わせて再度訪れました。入口で部屋番号を告げると、スタッフが席まで案内してくれます。

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ カクテルタイム

    飲み物は様々な種類のアルコール類が加わりました。ノンアルコールについては、赤ワインのみ用意がありました。(もっと増やしてほしいところです。)

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ カクテルタイム

    フードは、おつまみ系のものやおかず系のもの、それにパスタやサンドイッチ、ご飯類もあり、まずまずの種類が用意されていました。

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ カクテルタイム
    ヒルトン東京ベイ ラウンジ カクテルタイム

    デザートのケーキもありました。(↓写真左)

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ カクテルタイム

    お代わりしてお腹一杯になり、夕食の代わりになりました。

    ヒルトン東京ベイ ラウンジ カクテルタイム

    肉類などをがっつり食べたい人にとってはちょっと物足りないかもしれませんが、小食の人やゆっくりお酒を楽しみたい人には十分な量であると思います。

    朝食ブッフェ

    朝食は7:00~10:00、「ザ・スクエア」内のレストラン「フォレストガーデン」で提供されています。

    入口には一般客とは別にヒルトンオナーズ専用レーンがあり、そちらに並んで案内を待ちました。

    開店直後の時間だったのでかなり混みあっていましたが、すぐに案内してもらえました。ダイヤモンド会員だからでしょうか、窓側の比較的静かで眺めの良い席でした。

    席に着くと、スタッフがダイヤモンド会員専用の特別メニューを見せてくれました。飲み物とパンケーキが注文でき、テーブルまで持って来てくれます。

    ヒルトン東京ベイ 朝食

    パンケーキは甘くておいしかったです。シロップが入っている卵の殻の形の容器がかわいいですね。

    特別メニューの飲み物はお代わりも可能で、メニュー表には記載のない「抹茶ラテ」もあると言われたので頼んでみました。甘すぎずすっきりとして飲みやすくて、とてもおいしかったです。

    フードの種類はとにかく豊富でした。

    ヒルトン東京ベイ 朝食
    パンやデニッシュ
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    ジャム類、プチケーキ
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    シリアルもいろいろ
    ヒルトン東京ベイ 朝食

    子どもが好みそうなものも多く用意されていましたが、一方で和食メニューもそろっていました。

    ヒルトン東京ベイ 朝食
    お蕎麦、納豆
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    卵焼きやご飯のお供
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    ヒルトン東京ベイ 朝食

    ↓オムレツステーションでは好みの具を入れたオムレツを目の前で調理してくれます。

    ヒルトン東京ベイ 朝食
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    スクランブルエッグや目玉焼き
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    右端はキッズカレー
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    ワッフル、パンプディング
    ヒルトン東京ベイ 朝食
    スモークサーモン、ハム、チーズ
    ヒルトン東京ベイ 朝食

    数日宿泊しないと全種類食べきれませんね。

    ヒルトン東京ベイ 朝食

    もちろんどれも美味しくて大満足の朝食でした。

    まとめと感想

    ヒルトン東京ベイ」宿泊記の後編では、ラウンジの食事や朝食の様子を紹介しました。

    ダイヤモンド会員特典の最大の魅力であるラウンジの利用ですが、おいしい食事がたくさんいただけてとてもよかったです。

    カクテルタイムはお酒の種類もフードも充分な内容が提供されていました。

    豪華な朝食が無料でいただけるのはゴールド会員以上の特典ですが、ダイヤモンド会員専用メニューが用意されていたので、さらに特別な気分を味わえました。

    前編でも書きましたが、最上階の「セレブリオ・セレクト」客室でゆっくり過ごすことができ、さらにおいしい食事を存分に楽しむこともできました。

    ヒルトン東京ベイ 客室 セレブリオ・セレクト

    「セレブリオ・ラウンジ」が休止中だったのが残念でしたが、営業再開となったらまたぜひ訪れたいと思います。

      

    ↓クリックお願いします!

    にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
    にほんブログ村

    ヒルトン東京ベイ 朝食

    この記事が気に入ったら
    フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    目次