バンコク旅行2022③ ~ バンコク・マリオットホテル・スクンビット宿泊記(前編:客室と施設)

下から見上げた白く高い建物

2022年11月のバンコク旅行で宿泊したバンコク・マリオットホテル・スクンビットを紹介します。マリオットボンヴォイ特典でアップグレードされた高層階のキングエグゼクティブルームや館内施設の様子についてレポートします。

目次

バンコク旅行2022③ ~ バンコク・マリオットホテル・スクンビット宿泊記(前編:客室と施設)

2022年11月、2年10カ月ぶりに訪問したバンコク。2日目に滞在したバンコク・マリオットホテル・スクンビットについて2回に分けてお届けします。

前編のこの記事では、マリオットボンヴォイ チタンエリート特典でアップグレードした客室キングエグゼクティブルームの様子やホテル内の施設ついても詳しく紹介していきます。

タイ出入国に必要な書類や手続きについてや、JAL 羽田-バンコク線のフライトの様子については、コチラの記事↓をご覧ください。

初日に滞在した「アロフト・バンコク・スクンヴィット11」については、コチラの記事↓をご覧ください。

バンコク・マリオットホテル・スクンビットの予約

バンコク旅行2日目の宿泊先は「バンコク・マリオットホテル・スクンビット」。

マリオットボンヴォイ公式サイトより、スタンダードなキングゲストルームを予約しました。

料金は1泊約5,870バーツ。

バンコク・マリオットホテル・スクンビットとは

バンコク・マリオットホテル・スクンビット」はスカイトレイン(BTS)のスクンビット線トンロー駅から徒歩2分というアクセスの良い場所に位置する5つ星ホテルです。

49階建ての白く大きなタワーの手前にあるトンロー駅に入る電車
施設概要

施設名称:バンコク・マリオットホテル・スクンビット(Bangkok Marriott Hotel Sukhumvit)

住所:2 Sukhumvit Soi 57, Klongtan Nua, Wattana, Bangkok 10110 Thailand

TEL:+66-2-797-0000

チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00

建物規模:49階

客室数:295室

開業:2013年

公式サイトはコチラ

この建物には、ホテルと高級アパートメントが入っています。

バンコク・マリオットホテル・スクンビットと高級アパートメントの名前が並ぶ看板

アクセス

BTS Skytrain Thonglor Station(トンロー駅)3番出口からスカイウォークで徒歩2分

オフィスビル「T-ONE」の目の前です。

セブンイレブンが1階にあるT-ONEビル
セブンイレブンがある

チェックインとボンヴォイ特典

チェックインは1階のフロントで行いました。フロントは24時間対応です。

フロントデスクにスタッフが二人

日本人スタッフがいるのかどうかは不明ですが、少なくとも私の滞在中は見かけませんでした。

私はマリオットボンヴォイ チタンエリートなので、以下の特典が受けられました。

  • ウェルカムギフト(ポイントまたはスイーツのいずれか)
    →ポイントをもらいました
  • 無料朝食サービス(エグゼクティブラウンジと1階「57th Street Restaurant」どちらも可能)
  • 客室のアップグレード
  • 翌日16時までのレイトチェックアウト
  • 飲食料金10%割引
  • ランドリーサービス20%割引
  • スパ20%割引
  • 無料高速Wi-Fi
  • 会議室1時間無料(要予約)
  • 白黒印刷・コピー無料(20枚まで/泊)
  • アイロン無料(2枚まで/泊)

客室アップグレード

客室がアップグレードされ、高層階35階のキングエグゼクティブルーム(オーバルバスタイプ)がアサインされました。

当日のレートでは12,300バーツのお部屋です。

キングエグゼクティブルーム

高層階35階のキングエグゼクティブルームの様子を紹介します。

お部屋の広さは約36㎡。かなりゆったりとしています。

ウェルカムスイーツ

客室に入って30分くらい経ったころ、ウェルカムスイーツのチョコレートと手書きのカードが届きました。このスイーツはボンヴォイ特典とは別のサービスのようです。

Welcomeとチョコペンで書かれた四角いプレートに乗ったチョコレート

すでに部屋に置いてあるのではなく、スタッフが笑顔で届けてくれるのがうれしいですね。

眺望

高層階だけあって眺望も抜群です。お部屋の窓からはバンコク都心部を望みます。

35階からのビル群の眺望

特に夜景がきれいでした。

客室から見た美しい夜景
ルーフトップバーからの夜景

ベッドルーム

ベッドは大きなキングサイズが1台。

部屋の中心にキングサイズのベッドと窓際に赤いソファー2台
部屋の中心にキングサイズのベッドと窓際に赤いソファー2台

ベッドサイドテーブルには電話とアウトレット。

ベッドサイドテーブルの上の電話

窓際には、クッションが置かれた1人掛けソファー2台に丸テーブルがあります。

窓側に赤い一人掛けソファー2台とガラス板のデスクとワークチェア

丸テーブルの上にはホテルの案内などが入ったかわいいバッグが置いてありました。

窓際の丸テーブルの上に置かれたバッグの中にホテルの案内用紙

窓際には板ガラスのデスクとワークチェアもあり、デスクの上にはスタンドライトやもう一つの電話も置いてあります。(部屋に電話が計2台も。)

ガラス板のデスク

部屋の入口近くに棚があり、ペットボトル水2本、ワイングラス、アイスペールが置かれています。

窓側から見た部屋の様子
ベッドの手前にある棚にアイスペールとグラスとペットボトルの水2本

引き出しの中にはティーバッグ、インスタントコーヒーセット、マグカップ、グラス、スナックが入っていました。スナックは有料です。

引き出しの中にスナック、グラス、カップ、お茶セット、コーヒーセット

その下の扉を開けるとミニ冷蔵庫。ミニ冷蔵庫内のミニバー(各種飲み物)も有料です。

ミニ冷蔵庫の中に瓶のアルコール類や缶のソフトドリンク類が入っている

ミニ冷蔵庫の隣に電気ポットがありました。

クローゼット

部屋に入ってすぐ正面に扉があり、その中にはアイロンとアイロン台が入っていました。

クローゼットの中にアイロンとアイロン台

右側には、荷物を置ける広いスペースがあります。

ものを置ける棚

その隣はクローゼットがあり、スリッパ、バスローブ、ハンガー、セイフティボックスが用意されていました。

大きなクローゼットの中にハンガーとバスローブと金庫

バスルーム

バスルームはかなり広いスペースです。

2面に大きな窓のある広いバスルームに置かれた楕円形のバスタブ

2面に大きな窓があり、パノラマビューが楽しめます。この窓にはスクリーンが付いていて自動開閉することができます。

バスタブはおしゃれなオーバルタイプ(楕円形)で、ハンドシャワーも付いています。

バスルーム入口の右側にシャワーブース。

シャワーブースとトイレは個室となっている

広いシャワーブースで、レインシャワーとハンドシャワーの両方が付いています。

シャワーブースはレインシャワーとハンドシャワー付き

シャワーブースの隣はトイレです。トイレはタイ式のハンドタイプのウォシュレット付き。

トイレはハンドシャワー付き

それぞれが独立しているので使いやすいです。

バスルーム入口の左側に洗面台。洗面ボウルは1つ。

バスルーム入口側に大きな鏡のある洗面台

アメニティブランドはマリオットではおなじみのブランド「THANN」のシャンプー・コンディショナー・ボディクリーム・ハンドウォッシュ・固形石鹸。歯ブラシ・シャワーキャップもありました。

バスアメニティはTHANNの小さい容器のシャンプー類、歯ブラシなど

ここにもペットボトルの水2本が置いてありました。

洗面台の上にTHANNの固形石鹸とグラス2個とペットボトルの水2本

洗面台下の棚の中には袋に入ったドライヤーやタオル類が入っています。

洗面台左下の棚の茶色い袋に入ったドライヤー
洗面台下の棚に大中小サイズの白いタオル

シンク下の扉を開けると体重計がありました。

洗面台シンク下の棚の中に透明な体重計

館内施設

次に、ホテル内にある施設について紹介していきます。

1階(ロビー)

ロビーラウンジ

57th Street Restaurant

Chocolate Cake Company

2階

The District Grill Room & Bar

7階

プール、フィットネススタジオ、スパ

40階

エグゼクティブラウンジ

48・49階

Octave Rooftop

エントランスのヤシの木がイルミネーションで装飾されて輝く
夜の車寄せ

ロビーラウンジ

1階のロビーは広々としたスペースとなっています。高い天井に豪華なシャンデリアが輝いています。

天井が高いロビーの様子

フロント前にはロビーラウンジがあり、営業時間は11:00~23:00となっていました。

57th Street Restaurant

ロビーの奥にレストラン「57th Street Restaurant」があります。営業時間は6:00~23:00。朝食は6:00~10:30の提供です。

朝食会場の57thStreet Restaurantの入口

ここで朝食をいただきましたが、その様子については次の記事で詳しく紹介しています。

Chocolate Cake Company

1階には「Chocolate Cake Company」というベーカリーもあり、店名の通りチョコレートのスイーツが販売されているようです。営業時間は9:00~19:00。

チョコレートケーキカンパニーの入口

The District Grill Room & Bar

2階には「The District Grill Room & Bar」というステーキレストランがあります。営業時間は17:00~23:00。

チェックインの際にいただいたチタンエリート特典の案内用紙を提示すると20%割引になるようです。

プール

7階にはプール、フィットネススタジオ、スパがあります。

プールは長い長方形

プールは長い長方形でそれほど大きくはありません。プールの営業時間は6:00~21:00。

ビルに囲まれているプールに色鮮やかな朱色のベッドがずらりと並んでいる様子が、ここだけ別世界のようで独特の雰囲気です。撮影のためちょっと足を運んだ時は空いていました。

プールはビルに囲まれていて、プールサイドに朱色のベッドがたくさん並ぶ

プールサイドにバーがあり、座席が多く用意されていました。

フィットネススタジオ

フィットネススタジオにはたくさんのマシーンがそろっています。24時間営業です。

マシーンがたくさん並ぶフィットネス

撮影時、使っている人はいませんでしたが…。

スパ

「The Anne Semonin Spa」という有料のスパがあります。営業時間は10:00~22:00で、要予約です。

スパの入口

エグゼクティブラウンジ

エグゼクティブラウンジは40階にあり、エグゼクティブルームやスイートルーム宿泊者と、マリオットボンヴォイ プラチナエリート以上がアクセスできます。

朝食時のエグゼクティブラウンジの様子

エグゼクティブラウンジについては、次の記事で詳しく紹介しています。

ルーフトップバー

45階から49階にルーフトップバー「Octave(オクターブ)」があります。しかし、一般のエレベーターでは45階までしか上がれません。

45階にバーの受付があるのでそこでIDを提示すると、48階・49階行きの別のエレベーターへ案内されます。

バンコクで人気のあるルーフトップバーなので、特に最上階の49階は予約をしないと席が空いていないことも多いようです。予約せずに49階に行ったところ、案の定、空いている席はありませんでした。

ダメもとで、スタッフにホテルの滞在者であると言って部屋番号の記載されたカードを見せたところ、なんと「reserve」の立札があった眺望抜群のコーナー席に案内してもらえました。(エリート会員だったからでしょうか?)

ルーフトップバーから見た美しい夜景とお酒

ラッキー!と喜んだのもつかの間、なんせ最高の眺めが楽しめる場所なので、写真を撮ろうとする人たちが私の席のすぐそばに入れ替わり立ち替わりやって来ました。そのため、ちょっと落ち着けなかったのは否めませんが…、全体としては、きれいな夜景を見ながらおいしいお酒が飲めていい時間が過ごせました。

ここで注文した飲み物は部屋付けにできるというのでそうしてもらったところ、チェックアウトのときにチタンエリート特典で10%割引になっていました。

良い席に案内してもらった上に割引も適用されて得した気分でした。

まとめと感想

「バンコク・マリオットホテル・スクンビット」の様子を紹介しました。

ベッドの頭側の壁に掛けられた仏教の寺のような絵

アップグレードされた広い客室で快適に滞在することができました。

特にゆとりのある豪華なバスルームが良かったです。バスタブにつかって景色を眺めながらゆっくりできたので疲れも取れました。

ルーフトップバーでもタイならではの夜のひと時が過ごせました。

次の記事↓では、エグゼクティブラウンジや朝食の様子について詳しく紹介していますので、続けてご覧ください。

  
  

最新版が出ました↓

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

下から見上げた白く高い建物

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次