ハワイ旅行記

ハワイ旅行記2022年5月⑧ ~ コオリナ・ビーチクラブ 施設とビーチ

ナイアプールにあるナイアバー

2022年5月、オアフ島西海岸にあるマリオット・コオリナ・ビーチクラブに宿泊しました。この記事では施設やサービス、目の前のビーチについて詳しく紹介します。

ハワイ旅行記2022年5月⑧ ~ コオリナ・ビーチクラブ 施設とビーチ

2022年5月、オアフ島西海岸に位置するマリオット・コオリナ・ビーチクラブに3泊しました。

マリオット・コオリナ・ビーチクラブは、マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックのクラブリゾートの1つです。

この記事では、マリオット・コオリナ・ビーチクラブにあるプールなどの施設やサービス、さらに目の前のビーチ「ナイア・ラグーン」について紹介します。

 

マリオット・コオリナ・ビーチクラブのお部屋の詳細については、コチラの記事↓をご覧ください。
リゾートの概要と1BR(1~2泊目)のお部屋についてはコチラ↓

右手前にプール、真ん中手前に大きなヤシの木、左奥に青いラグーン
ハワイ旅行記2022年5月⑥ ~ コオリナ・ビーチクラブ 1BRのお部屋2022年5月、オアフ島西海岸にあるマリオット・コオリナ・ビーチクラブに宿泊しました。この記事では1ベッドルームのお部屋の様子について詳しく紹介します。...

お部屋の移動と2BR(3泊目)のお部屋についてはコチラ↓

赤いハイビスカスの後ろにハレ・ナイア棟
ハワイ旅行記2022年5月⑦ ~ コオリナ・ビーチクラブ 2BRのお部屋2022年5月、オアフ島西海岸にあるマリオット・コオリナ・ビーチクラブに宿泊しました。この記事では2ベッドルーム・オーシャンビューのお部屋の様子について詳しく紹介します。...

 

リゾート内の施設とサービス

マリオット・コオリナ・ビーチクラブ内にある施設とサービスについて紹介していきます。

リゾートMAP

マリオット・コオリナ・ビーチクラブの敷地内地図はコチラ↓。

マリオット・コオリナ・ビーチクラブの敷地内地図(出所:Marriott’s Ko Olina Beach Club)

現在、3つの棟(地図の上から「ハレ・モアナ」「ハレ・コナ」「ハレ・ナイア」)が建っています。

真ん中の「ハレ・コナ」の2階がメインエントランスとなっており、フロントデスクやロビーがあります。

2Fロビー階から1F売店前を見下ろした様子

 

プール

プールは3か所あります。宿泊時、プールは利用制限なく開放していました。

箸の木に囲まれたリフレクションプール

前回(約3年前の2019年7月)訪問時と比べると、本土からの観光客で混雑しているように感じました。

プールサイドにはビーチチェアがたくさん置いてありますが、営業開始(午前7:00)直後に場所取りをしないと、パラソルの下はすぐに席が埋まってしまう状況のようです。

 

ラグーンプール

「ラグーンプール」はハレ・コナの前、ハレ・モアナ寄りにある大きなプールです。

ハレ・モアナ側は砂浜になっていて浅いので、小さな子どもが遊ぶのに最適です。

砂浜のあるラグーンプールに子どもがたくさん

反対側は水深が深くなっています。

ラグーンプールそばに、ロッカールームやフィットネスセンターもあります。

リフレクションプール

ラグーンプールの近くにあるドーナツ型のプールが「リフレクションプール」。

「お静かにお願いします」と書かれたリフレクションプールの看板

ここは大人用プールで、騒がず静かに利用することが求められます。

プールの中に島がありヤシの木が生えている

リフレクションプールの近くにレストラン「ロングボード」があります。

ナイアプール

ハレ・ナイアの前にあるのが「ナイアプール」です。

ナイアプールとナイアバー

このプールは、滝やウォータスライダーがあったり「ナイア・プール・バー」という飲食店があったりして、にぎやかな感じです。

 

タオルハット

ラグーンプールとナイアプールのそばにあるタオルハットでタオルを貸し出しています。

タオルハットの入り口

タオルカードを渡すと、タオルカード1枚につきタオル2枚と交換してもらえます。そして、タオルを返却するとタオルカードを返してくれます。

プール利用の際は、チェックイン時にもらえるリストバンドを装用する必要があります。

 

ロッカールーム

ラグーンプールのそばにロッカールームがあります。

男性用更衣室の入り口ドア

チェックイン前のお部屋にまだ入れない時間帯でも利用可能です。

更衣室の中にはロッカーが並んでいる 更衣室の中にあるシャワールーム

↑シャワーブースもあります。

 

フィットネスセンター

ラグーンプールのそばの建物内にフィットネスセンターがあります。

フィットネスセンターの入り口

のぞいてみたところ、人は少なめのようでした。

フィットネスセンター受付 フィットネスセンターの機械類

ナイアタワー内にもフィットネスセンターがありますが、宿泊した際は営業休止中となっていました。

 

レストラン

リゾート内には飲食施設が4カ所あります。

ロンギーズレストラン

ハレ・コナの1階に「Longhi’s Restaurant(ロンギーズレストラン)」があります。

レストラン「ロンギーズ」の入り口

シーフードやステーキからアサイーボウルなどのデザートまで多くのメニューを取り揃えています。

美しい景色を見ながらいただけるテラス席が開放的で気持ちいいですよ。

夕暮れ時のロンギーズのテラス席

 

ロングボード・バー&グリル

「Longboards Bar & Grill(ロングボード・バー&グリル)」はリフレクションプールのそばにあるカジュアルなお店です。

ビーチ側に「LONGBOARDS」と書かれたサーフボードが立っている

ハンバーガーやサンドイッチなど、プールサイドやビーチで気軽に食べられるメニューも揃っています。

木目のサーフボードが目印のレストラン「ロングボード」

 

ナイア・プール・バー

ナイアプールにあるのが「Nai’a Pool Bar(ナイア・プール・バー)」です。

ナイアプールにあるナイアバー

バーとはいえ営業は18:00までとクローズが早め。

 

マーケットプレイス

リゾート内唯一の売店「The Marketplace(マーケットプレイス)」にテイクアウト用のドリンクが販売されています。

 

売店

「The Marketplace(マーケットプレイス)」という売店はハレ・コナの1階にあります。

売店「The Marketplace」の入り口

スターバックスのコーヒーがカウンターで販売されていたり、お菓子や飲み物も各種置いてあります。

缶のコナビール$6

↑缶ビール(ロング)が$6!!

お土産用の品やトラベル用品、バスアメニティの「マリエ・オーガニクス」も買うことができます。ただし、BBQ用の食材などはありません。

3年前とは店内のレイアウトが変わっていましたが、店内の品揃えはほとんど変わっていなかったように思えました。

 

ウォーターサーバー

無料のウォーターサーバーがいくつか設置されています。タンブラーなどの容器があれば、水を補給することが可能です。

青いウォーターサーバー

お部屋にはペットボトルの水は置いていませんし、売店で購入するとお金もかかるので、ウォーターサーバーを利用するといいですよ。

確認できた限りでは、フロントロビー、レストラン「ロングボード」の脇、ナイアプールそばのタオルハット脇、計3カ所に置いてありました。

 

BBQエリア

バーベキューグリルがあるスペースが屋外に3カ所あります。

BBQコンロが3つ並んでいる

使用は先着順ですが、3カ所あるので全部使用中ということはまずありません。

BBQコンロのふたを開けた様子

夕刻近くに滞在者がぞくぞくと集まってきました。

夕方BBQコンロに大勢の人が集まって食材を焼いている

私は、カマカナアリイ・ショッピングセンターにあるフードランドで購入した食材を焼きました。

肉とソーセージとコナビール BBQコンロで肉やソーセージを焼いている

BBQエリアでは調理後にその場で食べることはできません。調理後は部屋に持ち帰って食べます。あらかじめ、キッチンに置いてある大きめのタッパーを持参すると便利です。

 

ファイヤーピット

ロングボードの近くと、ナイアプールの近くの2カ所に、ファイヤーピット(焚き火台)があります。

庭にあるファイアピットと周りにイス

夕方になると火が灯され、冷えた体を温める人が集まっていました。

夕暮れにファイアピットの周りに集まる人々

 

アクティビティ

リゾート内ではさまざまなアクティビティが日曜日も含めて毎日行われています。

5月のスケジュール表によると、ほとんどが無料で、料金がかかるものでも$5となっていました。また、「現在は英語のアクティビティのみ開催」とのことです。

芝生広場でアクティビティに興じる人々

↑芝生広場で行われていたアクティビティ。

日曜日の日没後には芝生エリアに設置された大きなスクリーンで子供向けの映画の上映を行っていました。

夕暮れ芝生広場で大型スクリーンに子供向けアニメが映し出されている

 

洗濯機・乾燥機

これ↓はハレ・ナイアの3階にあるランドリールームの洗濯機・乾燥機です。

洗濯機・乾燥機が2組並んでいる

洗濯機・乾燥機が室内に置かれていないスタジオタイプのお部屋の滞在者には便利ですね。

ランドリールームはおそらく各棟にあると思います。

 

ビーチ

コオリナ・リゾートには4つのラグーンがあり、マリオット・コオリナ・ビーチクラブの目の前にあるビーチは、第3ラグーンの「ナイア・ラグーン」です。

波が穏やかなので安心して遊べます。水温は冷たすぎず、気持ちよかったです。

砂浜にヤシの木の陰、青い空と海

ビーチとの出入口は3カ所あります。そのうち2カ所はカードキーで扉のロックを解除するようになっていましたが、ロングボード近くの扉は開放されているようでした。

ビーチの中央に有料の青い屋根のカバナや青いパラソルが置かれ、その両脇に無料のサマーベッドが配置されています。

白い砂浜に青い屋根のカバナが並びその後ろに立つ白い建物

カバナやパラソルは事前にEメールで予約することができます(チェックイン時に予約方法の詳細が記載された案内用紙がもらえます)。

カバナとパラソルの貸出料金

  • パラソル:1日(9:30~17:30) $40
  • カバナ:
    1日(9:00~18:00) $70(レストラン「ロングボード」$20食事券付き)
    半日(9:00~13:00 or $14:00~18:00) $40

 

前の記事でも書きましたが、お部屋の移動がある場合は、移動日に半額で利用できるという特典があります。

私は今回、1~2泊目は1BRの部屋に宿泊し、3泊目は2BRの別の部屋に移動したのですが、この特典を利用してカバナを1日利用しました。

芝生の上のカバナ ビーチベッド2つに青い屋根

↑砂浜は暑いので、芝生の上でなおかつヤシの木陰になる場所を選びました。

1日料金$70が半額の$35になり、さらに昼食はロングボード$20食事券を利用して、$26のハンバーガーを$6でテイクアウト。

ビーチでは飲酒禁止なので、いったん部屋に戻り、ラナイでビールと一緒にいただきました。(ビールは2日前にカマカナアリイのフードランドで購入。)

ラナイのテーブルに乗ったハンバーガーとコナビール

3泊目に滞在したナイアタワーはビーチに近いので、ちょっと行き来するにも便利でした。

 

リゾート最新情報

プルメリアの花とヤシの木と建物と空

マリオット・コオリナ・ビーチクラブの情報をまとめておきます。
(※滞在した5月下旬の情報となります。)

コロナ対策

ソーシャルディスタンスやクリーニングなど、感染症対策は徹底されて行われているようです。

ハワイではマスク着用義務がなくなったため、屋内外でマスクをしている滞在者は見当たりませんでした。一方で、スタッフはみなマスクを着用していました。

また、コロナ禍に停止あるいは変更したアメニティやアクティビティは徐々に戻しているとのことでした。

そのほか、感染症対策として以下のようなことが行われていました。

キャッシュレスリゾート

リゾート内では部屋付けもしくはクレジットカード決済のみとなっています(ロンギーズ、マーケットプレイスを除く)。

簡易清掃の停止

簡易清掃は停止していますが、タオル交換やアメニティの補充は、依頼すればやってもらえます。

ナイアフィットネスセンター:閉鎖中

 

改修工事

ヤシの木の向こうに青く美しいラグーン

マリオット・コオリナ・ビーチクラブでは、以下のような改修工事が予定されています。

  • ハレナイアタワー外壁塗装:2022年7月29日~12月5日
  • ハレナイアタワー内装工事:2022年8月14日~12月11日
  • ラグーンプール:2022年9月8日~2023年2月28日

個人的には、ハレ・ナイアの客室がどのように改修されるか楽しみにしています。

 

バスアメニティ

滞在中、バスアメニティ(シャンプー・コンディショナー・ボディウォッシュ)を小型ボトルから備え付けの大型ボトルに置き換える作業をすすめていましたプラごみ削減の取り組みだそうです。

1~2泊目に滞在したハレ・コナの客室では、ちょうどシャワーブースの壁にフックが取り付けられたところでした。

作業期間が2022年5月7日~6月4日と書かれていたので、もうすっかり置き換わっていることと思います。

 

シャトルサービス

コオリナ・リゾート内を巡回するシャトルバスは運行停止中でした。

ハワイ コオリナ コオリナリゾート コオリナシャトルバス マリオットコオリナ

(↑3年前に利用したリゾート巡回シャトル「ホロカア・リゾート・シャトル」)

これが運行していないと、コオリナ・センター&ステーションへ行くのが遠くて結構不便です…。

※カマカナアリイ・ショッピングセンターシャトルは要予約で運行中。

 

コオリナ・リゾート内情報

最後に、コオリナ・リゾートの情報です。

コオリナ・センター&ステーション駐車場

コオリナ・センター&ステーションの駐車場は2022年5月より有料になりました。

駐車料金支払いについての看板
ライド・シェアイー・バイク

ライド・シェアイー・バイクは営業していませんでした。

コオリナ・リゾートの公式サイトに「ライド・シェアイー・バイク」がコオリナ・リゾート内を周回できる自転車として紹介されています。

しかし、ライド・シェアイーのアプリはダウンロードできず、実際にリゾート内5カ所にあるとされるバイクステーションも見当たりませんでした。

巡回シャトルが運休中なのでバイクを利用しようと思っていたのですが、どちらも利用できず残念。もし利用をお考えの場合は、ご注意ください。

 

まとめと感想

マリオット・コオリナ・ビーチクラブ内の施設やサービス、目の前の「ナイア・ラグーン」の様子を紹介しました。

夜のライトアップされたプール

プールが3カ所あり、それぞれに楽しめるようになっています。朝早くから利用する人も多くみられました。

アクティビティや飲食施設も充実しており、長期滞在でもリゾート内で十分楽しむことができるようになっています。

それになんといっても目の前に広がる美しいラグーンが魅力です。ワイキキのように混雑していないし、プールや部屋とすぐに行き来できるのが便利。

3年ぶりに再訪できてゆっくり楽しむことができました。

この記事で記載した内容は2022年5月時点の情報です。最新情報をご確認ください。

 

次の記事では、マリオット・コオリナ・ビーチクラブ周辺のスポットについて紹介します↓。

芝生でおおわれた空き地と向こうにヤシの木
ハワイ旅行記2022年5月⑨ ~ コオリナ・ビーチクラブ周辺スポット2022年5月、オアフ島西海岸にあるマリオット・コオリナ・ビーチクラブに宿泊しました。この記事では周辺にあるスポットについて詳しく紹介します。...

 

 

総合旅行サイトHISでマリオット・コオリナ・ビーチクラブをチェック

 

↓最新版が出ます!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

関連記事