ハワイ旅行記

ハワイ旅行記2022年5月④ ~ ワイオハイ・ビーチクラブ 2BRのお部屋

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ エントランスの黒い看板

2022年5月、カウアイ島にあるマリオット・ワイオハイ・ビーチクラブに宿泊しました。2ベッドルームのお部屋の様子について詳しく紹介します。

ハワイ旅行記2022年5月④ ~ ワイオハイ・ビーチクラブ 2BRのお部屋

2022年5月下旬、カウアイ島にあるマリオット・ワイオハイ・ビーチクラブに1泊しました。

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブは、マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックのクラブリゾートの1つです。

ハワイ州にもう1か所あるクラブリゾート、オアフ島のマリオット・コオリナ・ビーチクラブには何度か宿泊したことがありますが、今回初めてワイオハイ・ビーチクラブに宿泊してみました。

この記事では2ベッドルームの広いお部屋の詳細について紹介します。

 

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ エントランス

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ(Marriott’s Waiohai Beach Club)はカウアイ島コロアのポイプ地区に位置するリゾート施設です。マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィック(AP)の8か所あるクラブリゾートのうちの1つです。

施設名:Marriott’s Waiohai Beach Club

住所:2249 Poipu Road, Koloa, Kauai, Hawaii 96756, UNITED STATES

TEL:808-742-4400

FAX:808-742-4410

チェックイン 16:00/チェックアウト 10:00

アクセス:リフエ空港から車で約30分

駐車場有り($15/日)

開業:2003年

 

リフエ空港からワイオハイ・ビーチクラブへ

今回私は、成田-ホノルル間はZIPAIR、ホノルル-カウアイ島リフエ間はサウスウエスト航空を利用しました。

フライトの様子については、コチラの記事↓をご覧ください。

ホノルル空港に駐機中のZIPAIRの斜め前からの機体の様子
ハワイ旅行記2022年5月② ~ ZIPAIR搭乗記:フルフラット&スタンダート2022年5月中旬、ハワイへ渡航した際に往復ZIPAIRを利用しました。行きのフルフラット席、帰りのスタンダード席の様子を詳しく紹介します。...
リフエ空港搭乗前に駐機中の青い機体のサウスウエスト
ハワイ旅行記2022年5月③ ~ Southwest搭乗記:ホノルル↔カウアイ島リフエ2022年5月中旬ハワイへ渡航した際、オアフ島とカウアイ島間の移動に往復サウスウエスト航空(Southwest)を利用しました。予約・搭乗・機内の様子、カウアイ島リフエ空港の様子も紹介します。...

 

カウアイ島には初日の1泊という短い滞在だったので、レンタカーは借りませんでした。そこで空港とリゾートの移動は送迎シャトルを利用しました。

 

無料送迎シャトル

通常、マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブは空港との送迎サービスは行っていません。

しかし、マリオットバケーションクラブAPでは、エグゼクティブ以上(7,000ポイント以上)の会員がAPポイントを使ってクラブリゾートを利用する場合は、最寄り空港との往復送迎が無料で利用できるという特典があります。

今回はその特典を利用するため、メンバーサービスにあらかじめ希望を伝えておきました。(タクシーでは片道$60くらいかかるようです。)

その後メンバーサービスからは、「ポイプタクシー」がフライトの到着時刻に合わせて空港まで迎えに来るよう手配できたという連絡がありました。

当日、リフエ空港到着後、バゲージクレームA付近に私の名前が書かれたプレートを持った女性の運転手が待っていてくれました。送迎タクシーは近くの駐車スペースに止めてありました。

 

リフエ空港からリゾートへ

リフエ空港のあるリフエ地区はカウアイ島の政治・経済の中心地です。

リフエ空港前の停車エリア

空港周辺にはショッピングセンターやレストランなどの商業施設が見られましたが、そこを過ぎるとリゾートに向かう道のりは草原の中をひたすら走るという感じでした。

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブはカウアイ島コロア ポイプ地区の海沿いにある

かかった時間は30分ほどです。

(帰る日の朝も、同じ運転手が時間通りにリゾートに迎えに来て、空港まで送ってくれました。)

 

2階2BRのお部屋

車寄せのあるマリオット・ワイオハイ・ビーチクラブエントランス

リゾートに到着したのは14:00少し前でした。通常、チェックインは16:00ですが、到着後すぐに対応してもらえてお部屋に入ることができました。

マリオットバケーションクラブのロゴのあるカーペットの先にフロントデスク

あらかじめ高層階を希望する旨を伝えておいたのですが、高層階の部屋のほかに眺めの良い低層階の部屋も用意できますと言われ、低層階の部屋の方を選びました。

場所は「Hale2」という棟の2階です。

ワイオハイ・ビーチクラブは、4階以下の低層の建物「Hale1」~「Hale8」の8棟が池やプールのある庭を囲むように建っています。「Hale1」と私が宿泊した「Hale2」は、フロントロビーのある建物と続いていてビーチやレストランにも近かったので何かと便利でした。

↓リゾートマップのほぼ中心に「Hale2」が位置します。

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ 敷地内地図(出所:Marriott Vacation Club Asia Pacific)

 

間取り

メンバーサイトに公開されている間取りをもとに、実際のお部屋の様子から描いた間取り図がこちら↓。

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ間取り図

2BRのお部屋は広さが97㎡。

真ん中にキッチン・ダイニング・リビングがあり、その左右にベッドルームが2部屋配置されています。

各ベッドルームにはバスルームもついているので、トイレもお風呂も2つずつあるということになります。

キッチンは広いフルキッチン。

キッチンとダイニングスペースは独立していて、窓側に広いリビングルームがあります。

リビングルームには広いラナイ(バルコニー)が付いており、ここからの庭の眺めが最高です。このあと詳しく紹介していきます。

 

広いLDK

ドアを開けて中に入るとすぐキッチンとなっています。

キッチンからリビングの部屋全体

コの字型のフルキッチンで、調理に必要はものはほとんどそろっています。

コの字型の広いキッチン

定員8名のお部屋なので、皿類やカトラリーは8人分用意されています。

大小のフォーク・スプーン、ナイフ、缶切りなど調理道具

↑カトラリーとキッチンツール。

キッチンツールいろいろ お玉・フライ返し・ナイフ類など

↑キッチンツールは小分けにされきれいに収納されています。ナイフもたくさん用意されていました。

平らな皿大小、ボウル皿がそれぞれ8枚ずつ収納

大小の平皿、ボウル皿。

コーヒーカップ、ウォーターピッチャー、ボウル、皿が収納

↑コーヒーカップ、ボウル、ピッチャーなど。

グラスは4種類 8個ずつ収納

↑グラスは4種類もありました。

2つに分かれているシンクにシャワー水栓

↑シンクは2つに分かれています。水栓はシャワーヘッドで伸縮可能。

大きな食器洗浄乾燥機

↑シンクの斜め下には大きな食器洗い乾燥機。

シンクの下の棚にキッチンタオル・スポンジ・洗剤

↑シンク下の棚の中にキッチンタオルの予備、スポンジや洗剤も用意されています。

IH4口コンロと大きなオーブン

↑4口のIHコンロ。その下に大きなオーブン。

下の棚に様々なサイズの鍋やフライパン、やかん、トースターなど収納

↑鍋やフライパンは大小そろっています。ケトルやトースターも。扉で隠れて見えませんが、ミキサーもありました。

ドリップ式のコーヒーメーカー、隣にコーヒーの粉やティーバッグのセット

↑ドリップ式のコーヒーメーカーと、コーヒーの粉やティーバッグ。

キッチン台の角にコンパクトな電子レンジ

↑コンパクトな電子レンジ。

キッチン台に塩コショウ、キッチンペーパー、アルコールシート、タオルで作ったカメさん

↑調味料は小さな塩コショウだけ用意されています。キッチンタオルに除菌シートも置いてありました。タオルで作ったカメさんも。

冷凍室もある大容量の黒い冷蔵庫

↑大きな冷蔵庫には冷凍庫もあります。

ダイニングテーブルに3人掛けの長いすと5脚のイス

大きなダイニングテーブルは8人分の座席があります。

広々としたダイニングとリビング リビングに3人掛けソファーと一人掛けソファー2つ、丸いローテーブル

窓際のリビングルームは明るい雰囲気です。大きなソファーはベッドにすることが可能。

窓側から見た広いリビング

↑窓側から見た部屋の様子です。

ラナイには丸テーブルにイス4脚、デッキチェアと小さなテーブルも置いてあります。

広いラナイにテーブルやイス

低層ですが眺めの良いお部屋というだけあって、ラナイから美しい庭の様子が楽しめました。

芝生とエメラルド色の池と建物 芝生とエメラルド色の池と建物

 

2つのベッドルーム

部屋に入ってキッチンの反対側、右側の扉を開けるとバスルームになっています。

バスルームの広い洗面台とトイレ

トイレ・洗面所・バスタブが並んでいます。

バスタブはシャワー付きです。トイレやバスタブには手すりも備え付けられていました。

バスルームのバスタブと洗濯機・乾燥機

バスタブの隣の扉を開けると、洗濯機・乾燥機が置かれていました。洗濯用の洗剤やカゴも置いてあります。室内に洗濯機・乾燥機があると、長期滞在の際はとても便利です。

ベッドルームのソファーとキングサイズベッド

↑こちらのバスルームとベッドスペースの間には扉があります。

クローゼットにほうきやアイロン、予備の布団とプール用タオル

クローゼットにはアイロン・アイロン台のほか、ほうきもありました。シマシマのタオルはプールやフィットネス用です。

ベッドルームのキングサイズベッドと奥にソファー

ベッドはキングサイズ。その奥に大きなソファーがあり、このソファーもベッドにすることができます。

大画面TVも各部屋に完備。窓側にリビングに通じるドアがあります。

 

もう一つ、反対側のベッドルームは、ダイニングとリビングの間にあるドアから出入りします。

キングサイズのベッドにウェルカムグッズ

こちらもキングサイズのベッドです。

ベッドの上にタオルで作った象さんとウェルカムカードとクッキー

ベッドにタオルの象さん、ウェルカムカードとクッキーが置かれていました。かわいいおもてなしにほっこりします。

ベッド脇に電話と目覚ましとアウトレット

↑ベッドサイドには電話、目覚ましアラーム、コンセントやUSBポートがありました。アウトレットはベッドの両脇に設置されています。

ベッドルーム側からみた広くてきれいなバスルーム

こちらのバスルームはさらにバリアフリー仕様となっています。

広い洗面台とトイレ

広い洗面台が2か所あり、洗面台の下も広く開いています。

バスルーム側からみたベッドルーム

バスタブには手すりのほか折り畳みイスもありました。

手すりと折り畳みイスのあるシャワーブース

こちらのバスタブにはシャワーはありませんが、奥にシャワーブースがあります。シャワーブースにも手すりや折り畳みイスが設置されていました。

手すりのついたトイレスペース

こちらのトイレはもう一方より広いスペースで、やはり手すりがあります。どちらのトイレにもウォシュレットは付いていませんでした。

洗面台下の棚の中に白いドライヤー

↑洗面台の下の棚にドライヤーが入っていました。

マリエのシャンプー・コンディショナー・ボディクリーム

↑バスアメニティは「マリエ・オーガニクス」です。とてもいい香りがします。洗面台の上にはシャンプー・コンディショナー・ボディクリームのほか、固形石鹸も置いてあります。バスタブにも体を洗う用の大きめの固形石鹸が用意されていました。

 

バリアフリー

バスルームがバリアフリー設備となっているだけではありません。室内や廊下のあちらこちらに、聴覚障がい者用警報器のランプも設置されていました。

室内の警報ランプ 室内の警報ランプ

また、今回の部屋は2階で上階に部屋はありませんでしたが、エレベーターで上がることができました。

限られた部屋の設備というわけではなく、リゾート内の建物は全般的にバリアフリー設備にしているのではないかと思われます。

 

まとめと感想

カウアイ島にあるマリオット・ワイオハイ・ビーチクラブの2ベッドルームの様子を紹介しました。

中庭の池と美しい植栽の景色

広いお部屋は、フルキッチンやバリアフリーのバスルームなど設備が整っていて、快適に過ごすことができました。

低層階でも庭の景色がすばらしく、短い滞在でしたがリゾート内で十分楽しむことができました。

次の記事ではリゾート内の施設の様子や、すぐそばのビーチに様子についてレポートしていますので、続けてご覧ください。

レストラン「Honu Bar」の入り口
ハワイ旅行記2022年5月⑤ ~ ワイオハイ・ビーチクラブ 施設とビーチ2022年5月に宿泊したカウアイ島のマリオット・ワイオハイ・ビーチクラブの続編です。リゾート内の施設や目の前のビーチの様子について紹介します。...

総合旅行サイトHISでマリオット ワイオハイ ビーチクラブをチェック

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

関連記事