ハワイ旅行記

ハワイ旅行記2022年5月③ ~ Southwest搭乗記:ホノルル↔カウアイ島リフエ

リフエ空港搭乗前に駐機中の青い機体のサウスウエスト

2022年5月中旬ハワイへ渡航した際、オアフ島とカウアイ島間の移動に往復サウスウエスト航空(Southwest)を利用しました。予約・搭乗・機内の様子、カウアイ島リフエ空港の様子も紹介します。

ハワイ旅行記2022年5月③ ~ Southwest搭乗記:ホノルル↔カウアイ島リフエ

2022年5月中旬、3年ぶりのハワイ渡航で初めてカウアイ島に行きました。

オアフ島ホノルルとカウアイ島リフエ空港間の移動は、往復ともサウスウエスト航空(Southwest)を利用しました。

予約の方法や空港での搭乗手続き、機内の様子についてレポートします。また、カウアイ島リフエ空港の様子についても紹介します。

 

搭乗したフライト情報

今回利用したサウスウエスト航空の情報や料金は以下の通りです。

往路:ホノルル(12:20)→リフエ(13:05) WN1903 エコノミー

復路:リフエ(10:55)→ホノルル(11:35) WN1902 エコノミー

総額 ¥17,280

ホノルル空港 駐機中の青・黄・赤の鮮やかなSouthwest機体

 

コロナ禍のハワイ渡航にあたり、準備した書類や出入国での手続きや審査などについては、コチラの記事↓に詳しく書いてありますのでご覧ください。

カラフルなサーフボードが並ぶワイキキビーチへの小道
ハワイ旅行記2022年5月① ~ ハワイ渡航に必要な準備や手続き2022年5月中旬、コロナ禍でハワイへ渡航した際の、必要な準備・書類や出入国での手続きについて詳しく紹介します。...

 

サウスウエスト航空の予約

フライトの予約は「trip.com(トリップ・ドット・コム)」から行いました。ハワイの離島の移動は、往復でチケットを予約購入する方がお得です。




そもそも予約サイトで検索するまで、ホノルルからカウアイ島にサウスウエスト航空が飛んでいることは知りませんでした。

ハワイ離島間の路線はハワイアン航空が多い印象ですが、今回サウスウエスト航空を選んだのは、行き・帰りともに時間帯がちょうど良かったこと、受託手荷物料金が無料であること、そしてチケット代が安価であったことが理由です。

ハワイアン航空は受託手荷物は1個目から料金がかかりますが、サウスウエストは2個まで無料とのことで、これはかなりのメリットです(各荷物の重量は50ポンド(22.68kg)以下、サイズ(長さ+幅+高さ)は62インチ(157.48cm)以下)。

支払った金額は往復で¥17,280でした。

昔、ラスベガスからホノルルまでサウスウエスト航空を利用したことがあり、まったく知らない航空会社ではなかったので不安もありませんでした。

 

ダニエル・K・イノウエ空港→リフエ空港

ハワイ旅行初日は、カウアイ島の「マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ」に宿泊するので、成田からオアフ島ホノルルに到着後、そのままカウアイ島への国内線に乗り換えました。

ハワイ州8島の地図イラスト

↑カウアイ島はハワイ州の最北端に位置する、オアフ島のお隣の島です。

 

ダニエル・K・イノウエ空港でのチェックイン手続き

成田からダニエル・K・イノウエ空港へ到着後、入国審査はスムーズに終わり、その足でサウスウエスト航空のチェックインカウンターのある第2ターミナル・ロビー7へ。少々距離があり、歩いて10分ほどかかりました。

ホノルル空港 サウスウエスト航空出発のターミナル2 ロビー7

搭乗予定のサウスウエスト便の出発時刻は12:20ですが、出発4時間前からでないと荷物を預け入れる手続きができません。

乗り換え時間に十分余裕をもたせたスケジュールを組んでいたうえ、ホノルル到着が予定より30分ほど早まったため、結果的にかなり時間が空いてしまいました…。

第2ターミナルは、保安検査通過後の制限エリア内に入らないと飲食店やカフェがないので、手続きができる時刻になったら早々に受託手荷物を預け入れました。

ホノルル空港のSouthwest自動チェックイン機の案内看板

チェックインは自動チェックイン機を使用して行います。日本語表示はないのですが分かりやすいですし、分からなければ近くにいるスタッフが手伝ってくれます。
※日本語ができるスタッフはいないようでした。

ホノルル空港に並ぶSouthwest航空の自動チェックイン機 ホノルル空港Southwest自動チェックイン機のアップ 英語表示

まず、チケットナンバーを入力します。そして受託手荷物の数などを入力。すると、搭乗券とバゲージタグが出力されます。そのタグを自分で荷物にくくりつけ、カウンターへ持っていきます。タグの番号が記載されたシール片は搭乗券の裏に貼り付けておくとよいですよ。

Southwest航空 搭乗券の裏に受託手荷物番号シールを貼った

そのあとは保安検査を済ませ、制限エリアに入りました。

ホノルル空港 制限エリア内のショップフロア

フードコートにある「バーガーキング」でスモールコンボ(ハンバーガー・ポテト・コーラボトルで$17)を食べながら、出発までくつろぎました。

ホノルル空港 制限エリアのフードコート入口 バーガーキング ハンバーガーとポテトとコーラのスモールコンボ

 

リフエ行きサウスウエスト航空に搭乗

搭乗口はGate E5。

ホノルル空港 搭乗ゲートE5で大勢の人が搭乗を待っている

搭乗券には、BOARDING GROUP欄に「A」や「B」といったアルファベット、POSITION欄に数字が記載されています。搭乗開始になると、子連れのファミリーが先に搭乗し、そのあとGROUP「A」のPOSITION「1」から順に「A1、A2…」と呼ばれます。

Southwest航空 ホノルルとリフエ間往復の搭乗券

自分の搭乗券のグループ&番号が呼ばれたら、搭乗券を係員に見せて順番に搭乗。座席指定はないので、飛行機の中に入ったら空いている席に自由に座ることができます。

大体前の方から席が埋まっていくので、あとのグループの乗客は当然後方の座席になりがちです。私は呼ばれるのがあとの方でしたが、後ろの方の窓側の席に座ることができました。

席は7~8割は埋まった状態で、ほぼ定刻に出発。

 

機内の様子

機材はB737-MAX8型機。

Southwest機内案内 機材はボーイング737MAX8

全席エコノミーシート、配列は3-3で、真ん中に通路があります。機内はとてもきれいでした。

Southwest航空のきれいな機内

シートピッチは普通の広さで、窮屈さはありません。飲み物などの機内サービスはありませんでした。トイレは後方の1か所のみ。

飛行機の大きさや乗客の人数の割には、CAが大勢いるように感じました。

空を飛んでいる時間は約30~40分ほど。オアフ島の西部、コオリナのラグーンもよく見えました↓。

サウスウエスト航空から見たオアフ島上空からの青い海と陸地

あっという間にカウアイ島リフエ空港に到着です。

マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブの青いプールと海↑カウアイ島で宿泊した「マリオット・ワイオハイ・ビーチクラブ」

 

リフエ空港→ダニエル・K・イノウエ空港

帰りの便(ホノルル行)は午前10:55出発予定。荷物の預け入れは1時間前までに行う必要があったので、早め(2時間前)にリフエ空港へ着くようにしました。

リフエ空港外観 低い建物↑リフエ空港の入り口

リフエ空港前の停車エリア

 

リフエ空港でのチェックイン手続き

リフエ空港 制限エリア内ロビーにある華やかな壁の装飾

行きの便の時と同様に、自動チェックイン機でセルフチェックインをして手荷物を預け入れました。特に問題なくスムーズでした。

 

 

リフエ空港の様子

カウアイ島のリフエ空港はポリネシア風の雰囲気。天井が高く、広々として開放的な空間です。

リフエ空港 制限エリア内の天井の高いロビー

保安検査後の制限エリア内にある飲食店は、スターバックス、セルフオーダー形式のカフェ、カフェバーの3か所。(カフェバーは遅い時間帯の営業で未成年不可となっているようでした。) ちなみに、制限エリアに入る前のエリアには飲食店はありません。

あとは、こじんまりしたお土産屋さんがありました。

リフエ空港 制限エリア内の天井の高いロビー

制限エリアで搭乗を待っていたら、10:00くらいからロビーでフラダンスのショーが始まりました。

リフエ空港 制限エリア内ロビーのフラダンスを踊る二人の女性とギター演奏の二人の男性

 

ホノルル行きサウスウエスト航空に搭乗

リフエ空港搭乗前に駐機中のサウスウエスト機体を正面から

搭乗口はGate 10。

搭乗予定のホノルル行きサウスウエスト航空は遅延しており、10:55発の予定が11:30搭乗予定に変更されました。

また、下の写真のフライトボードをよく見ると、11:05シアトル行き(アラスカ航空)、ロサンゼルス行きが12:10(サウスウエスト航空)と12:25(アメリカン航空)など、直接メインランドへ向かう便が多数ありました。(米国内なので当たり前ですが^^)

ちなみに、メインランドからの観光客数では、ハワイ主要4島の訪問先としてオアフ島が一番少ないらしいですね。

リフエ空港案内板に表示されるサウスウエスト航空遅延のお知らせ

11:10くらいから搭乗開始となりましたが、搭乗開始が早まったことは特にアナウンスはありませんでした。

リフエ空港 搭乗ゲート10番からサウスウエスト航空に搭乗する乗客

行きと同じくグループBだったので、グループAのあとからの搭乗でしたが、今回も窓側の席に座れました。

乗客が全員搭乗するのを待って11:30くらいにドアクローズし、出発。ホノルルにも30分遅れで到着となりました。

 

まとめと感想

リフエ空港搭乗前に駐機中の青い機体のサウスウエスト

オアフ島ホノルルとカウアイ島リフエの往復にサウスウエスト航空を利用した様子を紹介しました。

サウスウエスト航空は米国のLCCで、リーズナブルな運賃や受託手荷物無料などで評判の良いエアラインです。

30~40分ほどのフライトで、出発したら間もなく目的地の島が見えてくるという感じなので、便利でコンパクトな国内線という印象です。

搭乗手続きもスムーズでしたし、機内も窮屈ではなく、快適に移動することができました。

今後またハワイを訪れた際、離島間の移動の機会があれば利用したいと思います。



にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

関連記事