サイトリニューアル中!!  >>新着記事はコチラ>>

トイ・ストーリーホテル宿泊記 ~ おもちゃの世界が楽しめるホテル

巨大な積み木を並べて「TOY SOTORY HOTEL」

2022年9月上旬、東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテルに宿泊しました。まるでおもちゃの世界に入り込んだような雰囲気が楽しめるホテルの様子を紹介します。

目次

トイ・ストーリーホテル宿泊記~おもちゃの世界が楽しめるホテル

東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル(Tokyo Disney Resort Toy Story Hotel)」宿泊記です。

私ではなく家族が宿泊したので、家族のレポートによりホテルの様子をお届けします。

東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテルとは

「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」は、2022年4月5日にディズニーリゾートライン ベイサイド・ステーション前にオープンした国内5番目のディズニーホテルです。

おもちゃのブロックで作ったような外観

ディズニー&ピクサーのアニメ映画「トイ・ストーリー」シリーズをテーマにしたホテルで、「ヒルトン東京ベイ」と「ホテルオークラ東京ベイ」の間に建てられました。

以前宿泊した「ヒルトン東京ベイ」から開業前の建物が見えて気になっていたホテルです。ヒルトン東京ベイの宿泊記はコチラをご覧ください。

施設概要

トイ・ストーリーホテルの施設概要です。

施設概要

施設名称:東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル

住所:〒279-8506千葉県浦安市舞浜1-47

TEL:047-305-5555

FAX:047-305-2995

総部屋数:595室

構造: 地上11階、地下1階

チェックイン 15:00/チェックアウト 12:00

公式サイトはコチラ

モデレートタイプ

東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテルは「モデレートタイプ」のディズニーホテルです。国内ディズニーホテルとしては初めてのモデレートタイプとなります。

サービスや施設・設備をシンプルにすることで、デラックスタイプ(ディズニーアンバサダーホテル、東京ディズニーシー・ホテルミラコスタ、東京ディズニーランドホテル)に比べてリーズナブルに宿泊することができます。

アクセス

電車でのアクセス

JR京葉線・武蔵野線「舞浜駅」で下車し、隣接するリゾートゲートウェイ・ステーションからディズニーリゾートラインに乗車。
2つ目の「ベイサイド・ステーション」の目の前にあります。

車でのアクセス

首都高速湾岸線「浦安出口」または「葛西出口」で降ります。

空港からのアクセス

羽田空港とホテルとの間をバスが運行しています。所要時間は約60分。
運賃(片道)は大人¥1,000、小人¥500。

エントランス

入口の案内は巨大な鉛筆に手書きのメモを刺したもの

ホテルの敷地内を進むと、エントランス前に「スリンキー・ドッグパーク」と呼ばれるカラフルなエリアが広がります。

ホテル敷地を進むとスリンキー・ドッグパークが見えてくる
巨大なバズ・ライトイヤー

大きなバズ・ライトイヤーやジェシーの像が立っており、自分が小さなおもちゃサイズになったかのように感じます。ここで一気におもちゃの世界に引き込まれる印象です。

巨大なジェシーが電飾コードを引っ張っている

広場の足元にはゲームボードをイメージしたマス目が描かれています。

巨大なルクソーボール(ピクサーボール)も転がっていました。

巨大なピクサーボール 青と黄色に赤い星

夜はライトアップされて、パーク帰りの宿泊客を出迎えてくれます。

夜ライトアップされたスリンキー・ドッグパークとホテル外観
巨大な恐竜トリケラトプスのおもちゃ トリクシー
巨大なアイスの棒で作られたベンチ

↑ベンチがアイスの棒でできています。

エントランスの屋根(キャノピー)にもかわいい絵が描かれています。

キャノピーの下に描かれた「スリンキー・ドッグパーク」の文字とイラスト

ホテルに入るときに見上げて見てください。

キャノピーの下に描かれたウッディのイラスト

エントランス前の車止めポールは消しゴム付き鉛筆です。

車止めは消しゴム付き鉛筆が埋まっているよう
段ボールに描かれた落書きのようなウッディとジェシーとバズのイラストのある壁

↑エントランスの壁は段ボールの落書き風。

ロビー

うきうきした気分でエントランスを通りロビーに入ると、ここもまたカラフルな空間。

カラフルなクレパスを束ねたような柱、天井にボードゲームのイラスト、床は大きなパズルのピース模様

床はパズルのピースの模様。天井はゲームボードが描かれています。柱はクレパスの束。

天井のボードゲームのイラスト

フロントデスクの背面の壁には「YOU’VE GOT A FRIEND IN ME!」の文字(トイ・ストーリーの主題歌「You’ve Got a Friend in Me/君はともだち」) 。

フロントデスクの背面の壁にレックスと「YOU'VE GOT A FRIEND IN ME !」の文字

ホテルに到着したのは夜でしたが、パーク帰りの宿泊客でフロントは混雑していました。

荷物の受け取り

宿泊する日の朝はパークに行く前に、舞浜駅のリゾートゲートウェイ・ステーション手前にある「東京ディズニーリゾート・ウェルカムセンター」に荷物を預けておきました。ここに預けておくと、宿泊するホテルに荷物を届けてくれます。

ホテルに到着後、部屋に入る前にフロントで荷物を受け取りました。(部屋に届けてはくれません。)

オンラインチェックイン

チェックイン開始時刻の15:00になると、チェックインができる旨のメッセージがスマホに届き、ルームキー(アンティークな鍵の画像)が発行されます。同時に、宿泊する部屋番号も通知されます。

チェックインはフロントでする必要はなく、荷物だけ受け取って直接部屋へ行くことができます。

アプリを起動してルームキーをスマホに表示させ、部屋のドアにある読み取り機にかざすことによりチェックインすることができて、ドアが解錠します。

エレベーター

館内のエレベーターは2か所、バズ・ライトイヤーのエレベーターとウッディのエレベータがあります。

1階のバスのエレベーター入口は宇宙船のイラスト

エレベーターホールの壁も楽しい絵でいっぱいです。

1階のバスのエレベーターホールは宇宙船のイラスト
1階のバスのエレベーターホールは宇宙のイラスト
バスのエレベーターホールの壁は宇宙船仕様

↑これは4階のエレベーターホール。

バスのエレベーターホールは宇宙船仕様
ウッディのエレベーターホールに鏡と電話のあるデスク

↑4階のウッディのエレベーターホール。

エレベータに乗り込むと、ドアの内側にもキャラクターが描かれていました。

ウッディとバスのエレベーターの中の扉にそれぞれのキャラクターが描かれている

↑写真左:ウッディのエレベーター内のドア、右:バズのエレベーター内のドア

客室への廊下には、バズとウッディとレックスの足跡が続いています。

廊下にバスとウッディとレックスの足跡
消火器や消火用散水栓が入っているボックスもかわいいイラスト

↑消火器の扉もかわいい。

客室

部屋番号はカラフルで大きな数字が不ぞろいに並んでいる

今回宿泊するのは4階のスタンダードルームで約27㎡の広さ。

2台のベッド、青空に雲の壁紙、カーテンは白地にたくさんの黄色の星

アンディの部屋をイメージしたカラフルでかわいい客室です。壁は青空と雲。天井の照明は星の形。

備品や調度品がトイストーリーのデザインとなっているものが多く、とにかく楽しい空間となっています。

ベッドは高さがあります。ベッドスカートがウッディの衣装をイメージしたデザインになっていますね。

高さのあるベッド、天井に星型の照明

ミッキーの腕が長針と短針になった大きな腕時計。

巨大な青い腕時計 ミッキーの両腕が長針と短針になっている

クローゼットはなく、カラフルなハンガーが壁にかかっています。

テレビは大きな「エッチ・ア・スケッチ」のよう。このテレビでチェックアウトの手続きもすることができます。

テレビは大きな赤い「エッチ・ア・スケッチ」風、下のテーブルに電気ポットなど

テレビのあるテーブルの上には電気ポットやピッチャーも置いてあります。下の棚にはミニ冷蔵庫。引き出しの中にはバズの衣装をイメージした色合いのナイトウェアが入っていました。

赤い電気スタンド

↑テレビの横に赤い電気スタンド。

壁にアンディが描いたようなウッディとバスのイラスト

スリッパもかわいい。

使い捨てスリッパにウッディのイラスト

窓は小さめですが、ベイビューのお部屋なので東京湾の海がきれいに見えました。

窓の外は東京湾が良く見える
レックスのポスター

バスルームは結構広く、白を基調にブルー系の色でまとめられていてさわやかな雰囲気です。

洗面所の壁はパズルのピースの柄。

洗面所の壁は大きなパズルのピースの模様

アメニティもかわいい包装で用意されていました。

キャラクターが描かれた包装袋のバスアメニティ

浴室のタイルにはペンギンのおもちゃウィージーが気持ちよく歌っている様子が描かれています。

浴室の壁には歌を歌うウィージーのイラスト

バスタブは足を伸ばせる広さで、洗い場もあります。洗い場にハンドシャワーがあり、シャンプー類は大型ボトルが壁にかかっていました。

バスタオルは浴室内にありました(気づくまであちこち探してしまいました)。

トイレは(写真を撮り忘れました)、洗面所を挟んで浴室と反対側にあります。ユニットバスでなく、トイレと浴室と洗面所がそれぞれ独立しているので使いやすかったです。

トイフレンズ・スクエア

ロビーの先にある中庭は「トイフレンズ・スクエア」。

ホテル建物に囲まれたトイフレンズ・スクエア

ここもエントランス前の「スリンキー・ドッグパーク」と同様、大きなサイズのおもちゃが並んでいます。

巨大なボー・ピープと3匹の羊

↑ボー・ピープと3匹の羊。

バズの箱にもたれかかる巨大なウッディ、ハムとリトルグリーメンたち

↑ウッディ、リトルグリーンメンと遊ぶハム。

マイクを持って歌う巨大なペンギンのおもちゃ ウィージー

↑歌うウィージー。

夜はライトアップされて、昼間とはまた違った雰囲気が楽しめます。

ライトアップされたトイフレンズ・スクエアとホテル建物
カラフルなイルミネーションライト

ロッツォ・ガーデンカフェで朝食

翌朝の朝食は、レストラン「ロッツォ・ガーデンカフェ」でいただきました。

「ロッツォ・ガーデンカフェ」の入口は果樹園の入口のようなイラスト

朝食は予約が必要ですが、ホテルの客室を予約した際には朝食の枠に空きがなく予約できませんでした。

それで、前々日から前日あたりにキャンセルが出ることが多いらしいので、それを狙うことに。そして無事、前々日に8:30ごろの予約を取ることができました。

レストランに入ると苺を持ったロッツォのプレートが出迎えてくれる

朝食はブッフェ形式です。見た目もかわいらしい食事もたくさん並んでいました。(混みあっていたのでブッフェ台に料理が並ぶ様子の写真を撮るのは控えました。)

カラフルな器や盛り付けの朝食
苺の刻印のあるパンケーキ

ハムのパンはのっぺらぼうなので、チョコで顔を描くことができます。

ピンクハムのパンにチョコペンで顔を描いた
壁にクレヨンで描かれたようなホテルの案内図

↑レストラン近くの壁にホテルの案内図?

ショップ

2階に「ギフト・プラネット」というショップがあります。

ショップ入口の上に巨大なリトルグリーメン1体

東京ディズニーリゾートの商品や、トイ・ストーリーホテルをイメージした商品も販売されています。

まとめと感想

「東京ディズニーリゾート・トイ・ストーリーホテル」に宿泊した際の様子について紹介しました。

夜ライトアップされたスリンキー・ドッグパーク入口

どこを見てもカラフルなおもちゃの世界が広がっていて、とても楽しい滞在となりました。

モデレートタイプのホテルは、余計なサービスや設備・備品を省くことで料金をリーズナブルに抑えることができるわけですが、十分満足できる内容のホテルだと思います。

スマホでチェックインできたり、スマホがルームキーになったりするのも楽でした。フロントは結構混みあっていたので、自分で手続きができるのはとても便利です。

子どもから大人まで、トイ・ストーリーを見たことがある人ならきっと楽しめるホテルですよ。

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

巨大な積み木を並べて「TOY SOTORY HOTEL」

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次