会員制リゾート(日本国内)

国内主要リゾート会員権の価格が上昇!

国内リゾート会員権の平均価格がコロナ禍の底値であった4月から回復傾向となっているという日経産業新聞の記事を元に、最近の国内リゾート会員権の需要について、私見をまとめてみました。

国内主要リゾート会員権の価格が上昇!

エクシブ琵琶湖↑エクシブ琵琶湖からの眺め

2020年9月18日の日経産業新聞の記事によると、国内リゾート会員権の平均価格が、コロナ禍の底値であった4月から回復傾向となっているようです。その記事を踏まえて、最近の国内リゾート会員権の需要についてまとめました。

 

取引件数や価格が上昇傾向

2020年9月18日付の日経産業新聞に、リゾート会員権についての記事が掲載されました。

新型コロナウイルスの収束が見通せないなか、新しい生活様式の受け皿としてリゾート会員権の需要が動き始めた。ここ数か月、取引件数や価格がおおむね上昇傾向を示す。

出所:2020年9月18日付 日経産業新聞

 

コロナで取引は一時期減少

2020年1月に、当ブログに「国内会員制リゾートの人気が復活!」という記事を載せました。しかしその後、新型コロナウイルスの感染が世界中に拡大したことにより、その当時の予測が狂ってしまいました。

「国内会員制リゾートの人気が復活!」の記事はコチラをご覧ください。

沖縄
国内会員制リゾートの人気が復活!国内会員制リゾートが復活してきている、という内容の記事が日本経済新聞に掲載されました。海外タイムシェアとの関連も含めて私なりの感想や考えをまとめてみました。...

 

コロナ禍では、海外との往来はもちろん国内の移動も控える状況となり、一時期 国内リゾート会員権の取引も落ち込みました。しかし、それが持ち直しているとのことです。

↑東京ベイコート倶楽部 客室

 

早期に回復傾向へ

リゾート会員権売買の仲介会社 e会員権によると、このような状況ということです。

コロナ感染拡大の後でみると件数や価格は4月に減ったが、5月から持ち直しの傾向が続いている。2008年のリーマンショック後も取引件数は大幅に減少した。当時は回復し始めるのに5ヵ月ほどかかったが、コロナ禍では1ヵ月ほどで回復を示し始めた。

出所:2020年9月18日付 日経産業新聞

 

なぜこのように早期に回復傾向へ転じたのでしょうか?記事を参考に、その理由を考えてみました。

 

回復のワケ

↑東京ベイコート倶楽部 客室

リゾート会員権の需要が回復傾向にある理由を考えてみました。

国内旅行の需要

近江八幡 八幡堀

まず一つ目に考えられることとして、海外への渡航制限がありますね。海外旅行の再開までは相当な時間がかかることが予想され、それゆえに国内旅行が見直されてきています。

感染対策をしつつ経済活動も行っていく方向で世の中が動き始めており、自粛でしばらく我慢していた分、余暇やレジャーを楽しみたいという欲求も徐々に大きくなってきていますね。

 

会員制リゾートホテルの需要

滞在先を考えた場合、特に会員制リゾートホテルは、次のような要件を満たしているため、コロナ禍でも一般のホテルより需要が高いと思われます。

  1. 大都市圏から車で3時間程度のエリアに施設展開をしているので、気軽に行くことができる
  2. 利用者が会員とその関係者が中心である、つまり不特定多数ではないため、安心感がある
  3. テレワークの推進により自宅にこもりがちであるが、リゾート地ではそこに居ながら仕事をするワーケーションが可能でリフレッシュもできる

↑逗子マリーナオーナーズ

ワーケーションについてはこのような内容も掲載されていました。

会員権に関心を持つ人の裾野はさらに広がっているようだ。共働き層などの間でじわり出始めたのが、「ワーケーション」の利用先としての需要だ。

(中略)

法人が保養所代わりに会員権を持つ動きもみられる。

出所:2020年9月18日付 日経産業新聞

リゾート会員権を購入するのは富裕層が中心ですが、それに加えて個人や法人がワーケーションとして使いたいという需要も高くなりつつあるようです。

↑逗子マリーナ

 

Go to キャンペーン利用

Go to キャンペーンの適用を受けられる施設もあるので、今後も利用客が増えていくことが予想できます。

まとめ

↑東京ベイコート倶楽部 客室から「お台場」方面を望む

リゾート会員権の需要が回復傾向にあることについて、新聞記事を参考に考えてみましたが、いかがだったでしょうか。

「アフターコロナにワーケーションが定着する」と断言するには、個人的には時期尚早と感じています。なぜなら、週末や連休を利用した2~3泊程度の滞在では、かえってせわしないのではないかと思うからです。

ただし、新しい働き方のひとつとして、「会員制リゾートを活用したワーケーション」という選択肢は当然あると考えています。

また将来的には、海外のタイムシェアのように、最低1週間以上リゾートで滞在するようなスタイルのワーケーションが当たり前になることも、期待したいですね。

 

エクシブ琵琶湖 玄関
国内リゾート会員権取引が活発 ~ 価格が1年で3割高!2021/8/26の日本経済新聞の記事によると、国内リゾート会員権の高額取引が活発だということです。その記事をふまえて、最近の国内リゾート会員権売買の状況について私見をまとめてみました。...

↓ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

 

関連記事