オーストラリア旅行記

オーストラリア旅行 2020 ~ シェラトングランド・シドニー滞在記

シェラトングランドシドニーハイドパーク ホテル外観

2020年2月、オーストラリア旅行に行ったときに宿泊した「シェラトン・グランド・シドニー・ハイドパーク」の様子について紹介します。

オーストラリア旅行 2020 ~ シェラトングランド・シドニー滞在記

2020年2月16日~22日、4泊6日でオーストラリアに旅行に行きました。滞在したのはゴールドコーストのマリオットバケーションクラブ・アット・サーファーズパラダイスに3泊、シドニーのシェラトン・グランド・シドニー・ハイドパークに1泊です。

この記事では、シェラトン・グランド・シドニー・ハイドパークに宿泊したときの様子を詳しく紹介します。

 

シェラトン・グランド・シドニー・ハイドパーク

シェラトン・グランド・シドニー・ハイドパーク(Sheraton Grand Sydney Hyde Park)はシドニーの中心部に位置する5つ星ホテルです。

観光スポットや、ショッピングモール、飲食店などにアクセスがしやすく、たいへん便利な場所にあります。

シェラトン・グランド・シドニー・ハイドパークの情報

住所:161 Elizabeth Street, Sydney, NSW, 2000, Australia

電話番号:61-2-92866000

FAX :61-2-92866686

チェックイン 15:00/チェックアウト 11:00

アクセス

最寄駅は「セント・ジェームズ駅」。

シェラトングランドシドニーハイドパーク セントジェームズ駅

シドニー空港からは電車で約15分です。※空港とのシャトルサービスはありません。

セント・ジェームズ駅からは、「エリザベス・ストリート」方面の改札に出て徒歩4分の距離。シェラトンはエリザベス・ストリート沿いに建っているのでアクセスしやすいです。

シドニーの鉄道や公共交通については、コチラの記事をご覧ください。

シドニートレインズ セントジェームズ駅 ホーム
オーストラリア旅行 2020 ~ シドニーの公共交通機関2020年2月オーストラリア旅行に行き、ゴールドコーストに3泊、シドニーに1泊しました。この記事ではシドニーで利用した公共交通機関と便利なオーパル・カードについて紹介します。...

 

ホテルの予約

わたしはマリオット・バケーションクラブ・アジアパシフィックのメンバーです。今回のシェラトン・グランド・シドニー・ハイドパークの宿泊は、マリオットボンヴォイのメンバーサイトを通じて予約しました。

今回はポイントではなく、現金(クレジットカード決済)を使用。

予約した部屋は、一番安価なシティビュー、ダブルベッドのスタンダードルーム。

マリオットボンヴォイのチタンエリートの特典として、

  1. アップグレードしてもダブルベッドの客室を希望
  2. 16時のレイトチェックアウト

を事前にリクエストしておきました。

 

チェックイン

シェラトングランドシドニーハイドパーク ロビー

チェックインデスクには、日本語の対応はなく日本人スタッフもいなかったので、英語のみのやりとりでした。

客室は、予約時にはシティビューでしたが、パークビューのダブルベッドの客室にアップグレードされていました。また、希望通り16時のレイトチェックアウトにしてもらえました。

 

客室の様子

シングルサイズのベッド2台(ダブル)の客室です。

シェラトングランドシドニーハイドパーク 室内 ベッド

シンプルで落ち着いた感じがいいですね。

窓からはハイドパークの緑がよく見えて眺めも最高。

シェラトングランドシドニーハイドパーク 室内 窓

大画面のテレビと、仕事もこなせそうな大きめのデスクとチェアもありました。

シェラトングランドシドニーハイドパーク 室内 テレビ デスク

 

ミニバー

ミニバーは、ペットボトルの水以外は有料です。

シェラトングランドシドニーハイドパーク 室内ミニバー 飲み物

ミニバーの中にはアルコール類やソフトドリンクなどがぎっしり詰まっています。なぜか、オーストラリアはコーラなどのソフトドリンクの値段が、日本に比べてかなり高いです。

シェラトングランドシドニーハイドパーク 室内ミニバー グラス

紅茶・コーヒーメーカー、各種グラスもそろっています。

 

クローゼット

シェラトングランドシドニーハイドパーク クローゼット スリッパ

クローゼットの中には、ハンガー、アイロン、アイロン台、セーフティーボックス。さらに、スリッパが用意されているのがうれしいですね。

 

バスルーム

トイレはウォシュレット付きではありませんでした。

シェラトングランドシドニーハイドパーク バスルーム トイレ

バスルームは、シャワーブースとバスタブが分かれています。

シェラトングランドシドニーハイドパーク バスルーム バスタブ

アメニティとして、バスローブ、バスアメニティ、ヘアドライヤーが用意されています。

シェラトングランドシドニーハイドパーク バスルーム アメニティ

シェラトングランドシドニーハイドパーク バスルーム 洗面台↑洗面台

 

クラブラウンジ

クラブラウンジは21階にあります。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ入口

部屋のカードキーをかざすと中に入ることができます。

ホテルの最上階なので、眺望は抜群。目の前のハイドパークが一望できます。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ 眺望

クラブラウンジの営業時間は、6:30~21:00。

チタンエリート(プラチナエリート以上)の特典として、クラブラウンジへのアクセスが可能ですので、本人と同伴者1名について、ラウンジでの各種サービスが無料で受けられます。

 

朝食

コンチネンタルブレックファストは6:30~10:00(土日は~10:30)に提供されます。

席に着くと、給仕係りが飲み物の注文を取りに来てくれます。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ 朝食ブッフェ ラテ

ラテを注文したら、バリスタが作って席まで持ってきてくれました。

あとは、好きな料理・飲み物(アルコールはない)を自由に自分で取りに行くブッフェ方式です。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ 朝食ブッフェ

料理や飲み物の品揃えは十分。料理は少なくなると、すぐ差し替えしてくれていました。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ 朝食ブッフェ

↑フレンチトースト、ソーセージ、ベーコン、スクランブルエッグ、サラダなど。

ちなみに…、無料なのは”Light ‘Continental Plus’ breakfast”(軽めのコンチネンタル朝食)なのですが、$15支払うと”full beffet breakfast”(フル・ブッフェ朝食)にアップグレードできます。(わたしは無料の朝食で十分満足できました。)

 

カクテルタイム

カクテルタイム(イブニングドリンクとカナッペ)は17:00~19:00に提供されます。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ カクテルタイム前↑開放感のあるラウンジフロア

席に着くと、やはり給仕係りが飲み物の注文を取りに来てくれます。

朝食時と同じく、あとは、好きな料理(カナッペ:軽食、おつまみ)・飲み物(アルコール含む)を自由に自分で取りに行くブッフェ方式です。

シドニーはシーフードがうまい、と聞いていましたが、特にエビとカキが美味しかったです。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ カクテルタイム カナッペ

シーフードを中心にたくさんの種類がありましたが、がっつりと夕食というには物足りないかもしれません。わたしたちはチェックイン後にここで少しお酒とおつまみをいただいたあと、夕食は外のレストランへ行きました。

シェラトングランドシドニーハイドパーク クラブラウンジ カクテルタイム バースタンド

↑ビール、ワイン、ウィスキー、カクテル等各種アルコールが揃う、バー

 

クラブラウンジ利用の注意点

17:00以降の利用は、スマートカジュアルドレスコードが求められます。(ノースリーブ、Tバック、ビーチサンダル、スリッパ、バスローブはダメです。)

また、12歳未満の子供は6:30~18:00までの利用となります。18:00以降は、家族で「コンサバトリー・バー」が利用できます。

 

まとめ

シェラトン・グランド・シドニーハイドパークは、高級ホテルの部類に入るのでしょうが、レジャーだけでなくビジネス目的でも利用しやすい、モダンですっきりした印象のホテルでした。

観光スポットにアクセスしやすいし、クラブラウンジの食事もおいしくて大満足でした。今回1泊だけでしたが、もう少し長く滞在したかったです。

 

ゴールドコーストのマリオットバケーションクラブ・アット・サーファーズパラダイスの滞在記もぜひご覧ください。

マリオットバケーションクラブサーファーズパラダイス 外観
オーストラリア旅行記 2020 ~ マリオット サーファーズパラダイス滞在記①2020年2月、オーストラリア旅行に行きました。初日から3泊したのはゴールドコーストのマリオットバケーションクラブ・アット・サーファーズパラダイス。この記事では施設の概要について詳しく紹介します。...

 

 

ランキングに参加しています。クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ オーストラリア旅行へ
にほんブログ村

 

関連記事