国内旅行

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル宿泊記(後編)~クラブラウンジと舞湯

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ クラブラウンジ

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」宿泊記後編では、クラブラウンジでのスナックタイム・カクテルタイム・朝食ブッフェの様子と館内施設のお風呂について紹介します。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル宿泊記(後編)~クラブラウンジと舞湯

2022年1月中旬、「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」に1泊しました。

前編の「グランデ」客室の様子に続いて後編のこの記事では、マリオット・ボンヴォイ チタンエリート特典で利用したクラブラウンジでのティータイム・カクテルタイム・朝食ブッフェの様子を詳しくレポートします。

さらに、エリート(プラチナ以上)会員特典で無料で利用できる館内施設「オアシス」についても紹介します。

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」の基本情報や「グランデ」客室の様子について詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ 外観 正面
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル宿泊記(前編)~グランデ客室「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」宿泊記です。マリオット・ボンヴォイの会員特典でアップグレードされた「グランデ」客室の様子をレポートします。...

 

シェラトン・グランデ・トーキョーベイのクラブラウンジ

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」の12階には「シェラトンクラブ」というクラブラウンジがあります。

利用できるのは、「シェラトンクラブ」や「スイート」の宿泊者と、マリオット・ボンヴォイ プラチナエリート以上の宿泊者(と同伴者1名)のみです。

今回宿泊したお部屋はクラブフロア客室ではなかったのですが、チタンエリート特典によってクラブラウンジへのアクセスが可能となりました。

 

宿泊した時期のクラブラウンジの営業については、以下のようになっていました。

  • 朝食 6:30~10:00
  • ドリンク・オールデイスナックサービス 10:00~22:00
    (※チェックアウト後の利用は不可)
  • イブニングカクテルタイムサービス 17:00~19:00
最新の営業内容や時間については、公式サイト等でご確認ください。

 

離席時はマスクを着用し、飲み物や食べ物を利用する際はビニール手袋も着用します。

 

抜群の眺望

クラブラウンジはパーク側と海側に大きな窓があり、広いスペースとなっています。

パーク側はやはりファミリーに人気のようです。

日が暮れるとパークのイルミネーションや花火を見ることができます。

一方の海側は、夕焼けの美しい景色を楽しむことができます。

ゲートブリッジや富士山、羽田から飛び立つ飛行機もよく見えました。

 

ドリンク・オールデイスナックサービス

朝食以外の時間(10:00~22:00)はドリンク・オールデイスナックサービスということで、飲み物とスナックが用意されています。

チェックイン後の16:00過ぎにクラブラウンジを訪れました。入口で部屋番号を告げると、スタッフが席まで案内してくれます。

ドリンクやスナックは自分で取りに行きます。飲み物は、コーヒーや紅茶、ソフトドリンク類。

スナック類は、個包装されたマドレーヌやビスケット、キスチョコなどがありました。

翌朝の朝食後の時間帯に訪れた際にはマフィンが用意されていたので、時間帯によって提供内容が異なっているようです。

 

イブニングカクテルタイムサービス

イブニングカクテルタイムサービスは通常17:00~19:00のところ、宿泊した日は16:30から開始となりました。土日・休前日は少し早めにスタートするようです。

利用は1回のみで再入場不可、原則60分の時間制限がもうけられていました。

飲み物は様々な種類のアルコール類が加わりました。カクテルはお好みで自分で作ることができます。ノンアルコールカクテルも2種類用意されていました。

生ビールサーバーもありましたよ。生ビールだけは20:00までの提供とのことでしたが、1杯だけカップに注いで部屋へ持ち帰ることができました。

フードは結構充実していました。

コールドミールは窓際に並んでいました。

↑スモークサーモン

↑ローストチキン

↑マグロや真鯛のマリネ

ホットミールもお肉類などが数多く用意されていました。

パスタやご飯類もあり、夕食代わりになる量と種類が提供されていました。

↑チャーハン

↑カレーは甘め

デザートはあまり多くなく、ケーキとゼリーの2種類だけでした。

食べ物はどれもとてもおいしく、お腹一杯になりました。

ディズニーリゾートオフィシャルホテルとあってファミリーが多く利用していましたが、 大人だけでなく子どもが食べるのにもよさそうな内容だったと思います

 

朝食ブッフェ

朝食は6:30~10:00。

プラチナエリート以上は朝食無料サービスの特典があり、レストランでの朝食を選ぶことができましたが、今回の朝食はクラブラウンジでいただくことにしました。

クラブラウンジでの朝食はブッフェ形式でした。

内容は充実しており、子どもから大人まで好みそうなものが多く用意されていました。

↑和食メニューもそろっていました。

もちろんどれも美味しくて大満足の朝食でした。

 

館内施設「オアシス」のお風呂

ホテルにはスポーツ&レクリエーション施設の「オアシス」があります。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ オアシス

チェックイン時にエリート会員向けのホテル独自特典として「OASIS PASS(施設ご利用券)」をいただきました。ホテル滞在中に浴場(「舞湯」)・室内プール・フィットネス・トレジャーズ!アイランド(キッズプレイルーム)を無料で利用することができます。

そこで、入浴は部屋のお風呂ではなく、浴場「舞湯」を利用してみました。

「舞湯」は地下1階にあります。タオル類は入口で借りることができるので、部屋から持って行く必要はありません。アメニティも一通りそろっていました。

浴場の中はまあまあの広さで、湯船はいっぺんに5~6人ぐらいが入れるくらいの大きさでした。温泉ではないですが、広いお風呂で気持ちよかったですよ。(※男湯の情報です。)

 

まとめと感想

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ ショップ

「シェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテル」宿泊記の後編では、クラブラウンジの様子や館内施設「オアシス」の浴場について紹介しました。

クラブラウンジでは充実した内容と量が提供されており、窓からの景色を楽しみながらおいしい食事やお酒がたくさんいただけました。

クラブラウンジへのアクセスやオアシスが利用可能な宿泊プランも用意されているとあって、ファミリーに人気なのもうなづけます。

私のように、ディズニーリゾートへは行かなくても滞在自体を十分楽しむことができるホテルだと思います。

 

 

 

 

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

関連記事