バンコク旅行2022⑦ ~ エンパイアプレイス2BR宿泊記

バルコニー側からみたリビングとダイニング部屋全体

2022年11月のバンコク旅行で宿泊したマリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスを2回に分けて紹介します。この記事では2ベッドルームの様子と周辺施設についてレポートします。

目次

バンコク旅行2022⑦ ~ エンパイアプレイス2BR宿泊記

2022年11月、2年10カ月ぶりに訪問したバンコク。4日目から3泊滞在したマリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスについて2回に分けてお届けします。後編のこの記事では、2ベッドルームの様子と周辺のお店について詳しく紹介していきます。

タイ出入国に必要な書類や手続きについてや、JAL 羽田-バンコク線のフライトの様子については、コチラの記事↓をご覧ください。

初日に滞在した「アロフト・バンコク・スクンヴィット11」については、コチラの記事↓をご覧ください。

2日目に滞在した「バンコク・マリオットホテル・スクンビット」については、コチラの記事↓をご覧ください。

3日目に滞在した「ミレニアム・ヒルトン・バンコク」については、コチラの記事↓をご覧ください。

マリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスの施設概要や1BRのお部屋の様子については、コチラの記事↓をご覧ください。

客室の移動

マリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスの3泊のうち1泊目と2泊目は1ベッドルーム、最後の3泊目は2ベッドルームに宿泊しました。

お部屋の移動に関しては、前日にコンシェルジュより内線電話で連絡がありました。内容は「明日は部屋の移動日。通常チェックアウトは10:00までだが11:00までOK。チェックアウト後の荷物はコンシェルジュデスクで預かります」といったもの。

それで、移動日当日の11:00にコンシェルジュデスクへ荷物を預けて外出しようとしたところ、「もう部屋の準備ができている」と言われました。新たにカードキーが発行され、コンシェルジュが2ベッドルームのお部屋まで案内してくれました。

移動先の2ベッドルームのお部屋は、今まで宿泊していた1ベッドルームのお部屋と同じ6階でした。(あえて同じフロアにしてくれたのかどうかは不明でしたが…。)

ともかく、おかげですぐに2ベッドルームのお部屋を利用することができました。

2BRのお部屋

バンコク旅行の最後に宿泊したのは6階の2ベッドルームのお部屋。前日まで宿泊した1ベッドルームのお部屋の2つ隣で、角部屋です。このお部屋の様子をレポートしていきます。

お部屋に入ると、目の前に広いダイニングとリビングスペースが広がります。1ベッドルームのリビングダイニングよりゆとりのある感じです。

入口側から見たダイニングとリビング

キッチン

キッチンは部屋に入ってすぐ目に入る配置になっていません。部屋のドアを開けると正面に物入れ、左に進むとリビングダイニングとなっています。そしてダイニングスペースに入って右側の奥にキッチンが配置されています。

こちらも1ベッドルームと同じくL字型のキッチンです。内容は1ベッドルームのキッチンとほとんど同じです。

キッチン

小さいシンクと大きいシンクのダブルシンク。食洗器はなく、水切りカゴが置いてあります。もちろん洗剤やスポンジもあります。

キッチンのダブルシンクと水切りカゴ

カウンターの隅にインスタントコーヒーやティーバッグも置いてあります。

キッチンカウンターの隅に置かれた水4本とインスタントコーヒー、ティーバッグ

水は1.5リットルのペットボトルが4本。1ベッドルームよりも2本多く用意されています。

コンロはこちらもIHで2口か3口(使わなかったので記憶があいまい)。

IHコンロ下の引き出しに調理道具がたくさん入っている

調理道具は一通りそろっています。さまざまなキッチンツール、カトラリーも用意されています。

鍋やフライパン、パナソニック製の炊飯器もあります。

キッチンの下の棚に鍋やフライパン、炊飯器とキッチンタオルの予備

コンロの横にトースター、電気ポット、コーヒーマシーン。上の棚にはカップや急須、調味料入れなど。

コンロ上の棚にカップ類が入っている

シンクの斜め下の引き出しにランチョンマット、大小さまざまな皿が入っています。

キッチンのシンク横の引き出しに皿類が入っている

電子レンジに大型冷蔵庫も。

大型冷蔵庫の隣のボックスの上に電子レンジ、上下の棚の中にグラスやボウル類

大型冷蔵庫の中にも1.5リットルの水が2本。水は合計6本です。足りなければ補給してもらえます。

大型冷蔵庫の中にペットボトルの水2本

冷蔵庫の上にキッチンペーパーとアイスペール。後ろの壁掛け時計はちょっと見にくいかも…。

冷蔵庫の上にキッチンタオルとアイスペール、丸い壁掛け時計

上のものが取りやすいよう、踏み台も置いてあります。

台所に置いてある踏み台

洗濯機・乾燥機

踏み台のそばにある扉を開けると、半分屋外のようなベランダのようなスペースになっていて、ここに洗濯機・乾燥機が置いてあります。

洗濯乾燥機と洗濯籠

1ベッドルームでは洗濯機・乾燥機は室内の物入れのスペースの中にあったので、この点が2ベッドルームと異なります。

ダイニング

ダイニングスペースには、テーブルとイスが6脚。やはり鮮やかなブルーのイスが置いてあります。

青いチェア6脚のダイニング

イスの数に対してテーブルの大きさが少々小さいかも…。大人が6人座るとちょっと窮屈かもしれませんね。

テーブルの上にはお菓子がたくさん用意されていました。

ダイニングテーブルに置かれたポッキーなどお菓子類

リビング

ゆとりのあるリビングは明るく開放的な空間。

リビングとダイニング

ダイニングチェアと同じ鮮やかなブルーの大きな3人掛けソファー、ローテーブル、1人掛けソファーが2つ置いてあります。ローテーブルの下にはオットマンが入っています。

ソファーの向かいの壁には大型テレビが掛かっています。テレビの下のチェストには、ブルーレイプレイヤーが置いてありました。

リビングダイニング全体

1人掛けソファーが1つ多いだけでほかは1ベッドルームとまるで同じですが、1ベッドルームよりは広いスペースになっています。

リビングから出入りできるバルコニーには、テーブルとイス2脚が置いてあります。

バルコニーから見えるビル群の景色

観葉植物(サンスベリアかな?)も置かれていました。

バルコニーに置かれた木製の丸テーブルとチェア2脚

角部屋なので1ベッドルームのお部屋よりこちらの方が眺望はいいですね。眼下に大きなプールもよく見えます。

バルコニーから見下ろしたL字型の大きなプール

マスターベッドルーム

リビングとダイニングの間にある扉を開けると、短い廊下があり、手前右側のドアの向こうがマスターベッドルームとなっています。

キングサイズベッドと窓際にオットマン付き青い一人掛けソファー

ゆとりのある空間にキングサイズのベッドが1台。

角部屋なので2方向に窓があります。ベッドの背側にある窓はベッドを挟むように2つ配置されており、ローマンシェードが付いています。

キングサイズベッドと両脇にサイドテーブル

大きな窓側のスペースには、オットマン付きの青い一人掛けソファーが置いてあります。

テレビとチェスト、デスクとチェア、オットマン付き青いソファー

ベッドの向かい側の壁に大型テレビとチェスト。ここにもブルーレイプレイヤーがあります。

チェストの横にワークデスク。電気スタンドやアウトレットとUSBポートもありますが、大きな鏡が付いているので、ワークスペースとして使うほかメイクなどすることもできますね。袋に入ったドライヤーも置いてあります。

マスターベッドルームにはエアコンがあり、個別空調になっていました。

クローゼット

マスターベッドルームのバスルームは、位置的には隣にありますが、ドアを開けて直接出入りできる配置にはなっていません。

ドアを開けると左側にバスルームへ続く短い廊下があります。

廊下のつきあたりがマスターバスルーム

廊下の両側にはクローゼットがあり、左側のクローゼットには、バスローブ、セイフティボックス、プール用タオルが用意されています。1ベッドルームと同様、プール用のカゴバッグも用意されています。

クローゼットにバスローブ、スリッパ、金庫、プール用タオルとバッグ

右側のクローゼットにも棚やハンガーバーがあり、衣類などがたくさん収納できるようになっています。

クローゼットの中にアイロンとアイロン台、上の棚に予備の布団

予備の布団、アイロンとアイロン台もここに入っていました。

マスターバスルーム

短い廊下のつきあたりにバスルームがあります。大きな窓のある広く明るいバスルームです。手前右側に洗面ボウル1つの大きな洗面台。

手前に洗面台、奥の窓際にバスタブとシャワーブース

洗面台の上には歯ブラシなどのバスアメニティが一通りそろっています。固形石鹸とボディーローションのブランドは thisworks です。

広い洗面台とバスタブ

窓際にはハンドシャワー付き大きなバスタブが置かれています。壁には大型ボトルのシャンプー類が備え付けられています。

まどがわにある大きなバスタブ

バスタブの横にシャワーブース。レインシャワーとハンドシャワーの両方が付いています。こちらにもシャンプー類や固形石鹸が用意されていました。

シャワーブースの隣にトイレ

シャワーブースの隣はトイレになっています。トイレはバスルームに入ってすぐ右に配置されているので、ドアを開けるとトイレはドアの後ろに隠れる位置になります。(一瞬トイレはどこ?となりました。)

トイレはタイ式のハンドシャワー付きです。

ゲストルーム

キッチンとダイニングの間の奥まったところに扉があり、その先にゲストルームともう一つのバスルームがあります。

ゲストルームはシングルベッドが2台。大きな窓があり落ち着いた雰囲気のお部屋です。

シングルサイズベッド2台のゲストベッドルーム

ベッドサイドテーブルの上にはスタンドランプ、電話、アラーム時計。壁にアウトレットやUSBポートもあります。

ベッドの向かい側の壁に大型テレビとチェスト。ここにはブルーレイプレイヤーはありませんでした。

ゲストベッドルームのテレビとチェスト
ゲストルームの窓側から見た部屋全体

ゲストルーム内にクローゼットがあり、バスローブ、セイフティボックス、プール用タオル、プール用のカゴバッグが用意されています。

クローゼットにバスローブ、スリッパ、タオル、プール用バッグ

ゲストルームにもエアコンが備え付けられており、部屋ごとに空調が設定できるようになっているのは便利です。

ゲストバスルーム

ゲストルームの横にバスルームがあります。こちらのバスルームはバスタブはなく、洗面台とトイレとシャワーブースとなっています。マスターバスルームに比べると狭いスペースですね。

手前から洗面台、トイレ、奥にシャワーブース

手前にボウル1つの洗面台、隣にトイレ、その先にシャワーブースという並びです。

洗面台はマスターバスルームのものに比べると幅が小さいですが、アメニティはマスターベッドルームと同じものが置いてありました。

洗面ボウル1つの洗面台の両脇にアメニティが置かれている

シャワーブースはハンドシャワーのみ。シャワーブース内の高い位置に小窓があるので昼間は明るいです。

ハンドシャワーのついたシャワーブース

こちらにも壁に大型ボトルのシャンプー類が備え付けられています。

トイレはシャワーブースのガラス扉のすぐ手前にあるため、シャワーのあとはトイレのそばで体を拭くことになり、少々狭さを感じます…。

タイ式ハンドシャワーの付いたトイレ

トイレはこちらもタイ式ハンドシャワー付きです。

物入れ

部屋に入るドアの真正面に物入れがあります。1ベッドルームにも入口付近に物入れがあり中に掃除機が入っていましたが、こちらには何も入っていませんでした。

無料送迎サービス

この2ベッドルームの1泊が今回のバンコク旅行最後の滞在で、翌朝チェックアウトした後は帰国のためスワンナプーム空港へ向かいました。その際、マリオットバケーションクラブのエグゼクティブ会員以上の特典により、プライベート無料送迎サービスを利用できました。

空港の送迎サービスのドライバーはにこやかなタイ人おじさん
送迎車とドライバーさん

今回は旅の後半の滞在がマリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスだったので帰りのみの利用でしたが、入国日から宿泊する場合は、空港まで迎えに来てもらえます。(事前にリクエストしておく必要があります。)

周辺のおすすめのお店

マリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイス内には飲食店や売店がありませんが、徒歩圏内に食料品が買えるお店や飲食店がたくさんあります。その中で私のおすすめのお店をいくつか紹介していきます。

エンパイアタワー

マリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスから徒歩約5分の場所に「エンパイアタワー」があります。エンパイアタワーはバンコクの代表的な超高層オフィスビルで、BTSチョンノンシー駅からスカイウォークで直結という便利な場所にあります。

低層階にはスターバックスやケンタッキーなど飲食店が入っています。

スターバックスの入口

地下1階には「TOPSマーケット」というスーパーマーケットがあります。

なんでも売っているTOPSマーケットの広い店内

このTOPSマーケットは滞在中のお買い物に大変便利です。肉、野菜、飲料のほか、デリ、弁当、サラダ、パン屋など食料品が充実しています。日用品も品揃えが豊富ですよ。

TOPSマーケットの奥にフードコートもあります。

広いフードコートにイスとテーブルがたくさん並ぶ

このフードコートでは安価でおいしい食事がいただけるのでおススメです。持ち帰りも可能なので、宿泊先のお部屋での食事にも便利です。

下の写真は「カオマンガイ(フライドチキン追加)スープ付」60バーツ(約240円)。とってもおいしい!

鶏料理とスープ

そのほか、コロナ前に訪れた際はファミリーマートだった場所(1階)が「QUICKIE」というサンドイッチ&バーガー屋さんに変わっていました。

QUICKIEというサンドイッチとバーガーのお店の入口

セブンイレブン

エンパイアタワーのファミリーマートは無くなってしまいましたが、徒歩約3分のところにセブンイレブンがあります。ビールも販売していますよ。

セブンイレブンの入口

タイでは酒類の販売時間に制限があったり禁酒日があったりするので、酒類の購入の際は注意しましょう。

サラ・ジェーンズ

「Sara Jane’s(サラ・ジェーンズ)」というタイ・イタリア料理レストランが徒歩約3分の場所にあります。

サラ・ジェーンズ入口
サラ・ジェーンズ看板

今まで近くにあったのに気づかずにいて、今回初めて入店しました。店内の客はローカルのファミリーやカップルなどが多いようでした。

サラ・ジェーンズの広い店内

メニューはタイ語のほか英語表記と料理の写真が付いているので分かりやすくて安心です。

メニューは英語表示と写真付き

私はタイ料理を選び、ガイヤーン(タイ風焼鳥)、香港ブロッコリー炒め、パッタイなどを注文しました。

注文したタイ料理の数々

どれも美味しくてしかもリーズナブル!ビールも良心的な値段で提供していました。

料理によっては量が結構あるので、複数人で来るといろいろな料理がシェアして楽しめると思います。次回バンコクを訪れた際はまた必ず来たいと思うほど大満足の内容でした。

Sara Jane’s
  • 住所:18 Naradhiwat Rajanagarindra Rd, Yannawa Sathon, Bangkok 10120, Thailand

公式サイトはコチラ

まとめと感想

「マリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイス」を2回に分けて紹介し、後編のこの記事では2BRのお部屋の様子や周辺のお店ついてレポートしました。

最初に2泊した1ベッドルームと比べて、備品や設備などはどちらもほとんど同じであるものの、2ベッドルームの方は各部屋がゆとりのある広さとなっていました。家族や友人と滞在するのにとても利用しやすい客室です。

特に、長期滞在にも便利な設備やサービスが整ってる一方で、クラブポイントで1泊から滞在できるのも利用しやすい点の一つです。

交通の便もよいので、バンコク観光の拠点として最適ですし、周辺に便利なお店も揃っています。

マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックのクラブリゾートは8か所あり、このエンパイアプレイスのほか、ハワイのコオリナ・ビーチクラブも人気です。それぞれのクラブリゾートでその土地ならではの楽しみ方ができるのがこのクラブのメリットです。

次の記事は、2022年バンコク旅行で訪れたショッピング・グルメ・観光スポットについてまとめる予定です。

  

最新版が出ました↓

↓クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

バルコニー側からみたリビングとダイニング部屋全体

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次