会員制リゾート(日本国内)

エクシブの利用方法 ~ 3つの予約方法

エクシブ琵琶湖 ロビー

エクシブは、リゾートトラストが運営・会員権の販売を行っている会員制リゾートホテルです。この記事では、エクシブを利用する方法、つまり3つの予約方法について詳しく説明します。

エクシブの利用方法 ~ 3つの予約方法

エクシブは、リゾートトラストが運営・会員権の販売を行っている会員制リゾートホテルです。

エクシブの特徴について詳しくは、コチラの記事をご覧ください。

エクシブ琵琶湖 玄関
人気の会員制リゾート、エクシブの魅力エクシブは、リゾートトラストが会員権の販売・施設の管理運営を行っている日本国内の会員制リゾートホテルで、大変人気があります。その特徴と魅力についてご紹介します。...

今回の記事では、エクシブを利用する方法について詳しく説明します。

 

エクシブの3つの予約方法

エクシブ琵琶湖 玄関

エクシブを利用する際、3つの方法があります。

  1. 占有日の利用
  2. 占有日の交換予約による利用
  3. フローティング予約による利用

 

占有日とは

それぞれの方法について詳しく説明する前に、「占有日」についてお話しします。

タイムシェアカレンダー

エクシブの特徴の1つとして「独自のタイムシェアカレンダー」があります。このタイムシェアカレンダーにより、大変合理的にホテルを利用できるようになっています。

タイムシェアカレンダーは、4つのシーズン(色)から構成されています。

4つのシーズン(色)

ゴールド:年末年始・GW・夏休み期間など

レッド:ゴールドを除く土曜・祝前日の日曜など

ホワイト:ゴールド、レッドを除く、金曜・日曜・祝前日・春休み・冬休み期間など

ブルー:ゴールド、レッド、ホワイト期間以外の平日

実際のタイムシェアカレンダーはコチラをご覧ください。

占有日とは

毎年のタイムシェアカレンダーに基づき、オーナーが所有するホテルの指定の客室を宿泊できる日にちが「占有日」です。

占有日は、オーナーの予約があらかじめ保証されている日なので、その日ならば確実に宿泊の用意がされていることになります。

エクシブ琵琶湖

それでは、3つの予約方法について詳しく説明します。

 

① 占有日の利用

独自のタイムシェアカレンダーに基づき、占有日に利用したい日にちがあれば、その日の1年前の同日から1ヶ月と1日前までの間に「利用する」旨を事務局に伝えることで、宿泊することができます。

当然ですが、占有日ならば、必ず利用することができます

予約方法

予約は次の2つの方法のいずれかで行います。

  • インターネットで占有日の予約申し込みを送信
  • 契約ホテルまで電話で連絡

 

② 占有日の交換予約による利用

タイムシェアカレンダー通りにすべての占有日に宿泊する、というのはなかなかできないことでしょう。

そこで、占有日以外の日、あるいは、所有していない施設を利用することもできるシステムになっています。それが「交換予約」という方法です。

例えば、その年の自分のタイムシェアカレンダーで振分けられたゴールド期間の占有日がゴールデンウィークであったが、ゴールデンウィークではなく年末に利用を希望する場合。

『「自分のゴールデンウィークの占有日」と「年末の占有日」の交換』を予め事務局に伝えて、交換が成立するのを待つことができます。

利用希望日の1年前の同日から1ヶ月前の同日までに、希望施設を選んで予約申し込みをします。

スペースバンク(SB)とは

交換予約したい場合に、利用予定のない占有日を預け入れる先を「スペースバンク」といいます。

タイムシェアカレンダーで「この占有日は使うことはない」というような日程は、あらかじめスペースバンクに預け入れておきます。

スペースバンクに預け入れることにより、他のオーナーが所有する占有日との交換予約が可能となります。

 

スペースバンクに預け入れできる日は、申し込み日から60日以降~1年以内の占有日です。

また、預けた日程の有効期間は、翌年の年末まで延長されます。

利用予定のない占有日は翌年への繰り越しができません。スペースバンクに預け入れることで、翌年も交換利用に使うことができるようになります。

 

交換条件

交換予約をする際にいくつか注意する点があります。

交換は、利用を希望する日のカレンダーの色と同じ色又はそれより下位の色の占有日との間で成立します。

例1:レッドの占有日をスペースバンクに預け入れる

レッド・ホワイト・ブルーの日にちと交換が可能

例2:ブルーの占有日をスペースバンクに預け入れる

ブルーの日にちのみと交換が可能

 

契約施設以外を利用する場合、1予約に対して交換手数料(2,200円(税込))がかかります。ただし、リゾートトラストのインターネット会員サービス「ワンダーネット」に加入していれば、交換手数料が免除されます。

年末年始、ゴールデンウィーク、夏休み、連休、土曜日などの繁忙日は、その日の占有日を有するオーナーが利用することが多いので、キャンセルが出るまで「交換成立待ち」となったり、交換が成立しない場合もあるようです。

 

③フローティング予約による利用

利用したい日から1ヶ月以内に予約する方法、「フローティング予約」があります。

1ヶ月から先着順

1ヶ月前までに占有日利用の申し込みがなかったお部屋は、先着順に予約が可能となります。

つまり、1ヶ月前から先着順に、空いている施設と日にちに予約を入れて利用することができるというわけです。

利用希望日に占有日の割り当てがなく、交換予約でも成立しないという場合に、最終的に予約できる方法となります。

平日に利用したい場合は、フローティング予約でも十分予約を取ることが可能です。

所有している施設以外であっても、空室があれば利用できます。

所有している部屋と同等のグレード又はそれ以下のグレードのお部屋の利用が可能

 

フローティング予約に使用できる占有日

フローティング予約に使用できる占有日は以下の2つです。

  • タイムシェアカレンダーの色にかかわらず、使用されていない占有日
    (1ヶ月と1日前までに利用の申し込みがなかった占有日、スペースバンクへ預け入れした占有日)
  • スペースバンク預け入れが可能な60日までの期限を切ってしまった占有日

 

まとめ

エクシブ琵琶湖

エクシブの利用について3つの方法を説明しました。

エクシブでは、各オーナーが公平に利用できるよう予め可視化された「タイムシェアカレンダー」を採用しているので、「希望の予約が自分だけとれない」といった不公平なことは、システム上あり得ないといえます。

このような複雑な予約に対応をすることは、運営しているリゾートトラストにとって非常に手間がかかることでしょう。

しかし、そういった細やかな対応により公平な利用を仕組化することが、オーナーから満足の得られるクラブ運営につながっているのだ、と感心しています。

 

エクシブの人気の理由をまとめた記事もありますので、ご覧ください。

エクシブ琵琶湖
国内会員制リゾート「エクシブ」 ~ 人気の理由国内会員制リゾート「エクシブ」について、6つの項目に分けてまとめてみました。エクシブが大変人気なリゾートである理由が分かります。...

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

 

関連記事