バンコク旅行記

バンコクの最新おすすめグルメ情報 2019

バンコク フレッシュジュース

バンコクには安くて美味しいグルメがたくさんあります!フードコードやレストランなど、私のおすすめのグルメを紹介します。

バンコクの最新おすすめグルメ情報 2019

バンコクにある飲食店は、ローカルの人が利用する屋台のような安いお店から、本格的なタイ料理店や、日本料理を出す高級店までさまざま。自分の好みや予算に合わせて、選択肢がたくさんあります。

今回は、私がいつも食べている、安くて美味しい食事を紹介します。

便利なフードコートがおすすめ

私がよく利用するのは、ショッピングセンターやスーパーの中にあるフードコートです。

フードコートのメリット

フードコートは屋内なので、クーラーが効いていて涼しく、ゆっくり食事が楽しめます。価格はローカルの屋台並みの安さ。それに、ほとんどのメニューが持ち帰ることができます。メインの食事はもちろん、デザートも充実しています。

フードコートのメリット
  • クーラーが効いていて快適
  • 価格が安い
  • メニューが分かりやすく注文しやすい
  • 持ち帰りができる
  • デザートも多い

プリペイド式カードで会計が楽

フードコートでは、事前にカードへ現金をチャージして、各店舗で注文の際にそのカードを使って支払いを済ませます。小銭のやり取りがなくスムーズに支払いができるので、とても便利です。

残金はあとで払い戻し(リファンド)ができます。

テイクアウトも可能

タイでは、屋台を中心に食事を安く提供する店が多いので、家で食事をあまり作らない生活スタイルのようです。フードコートでは、持ち帰る人が多く見られます。

持ち帰る場合は、持ち帰り用の容器に入れてくれますが、容器代として追加料金(だいたい5バーツ)を支払う必要があります。

フードコートのおすすめ店

どのフードコートも安いのですが、人気のある店とそうでない店があります。基本的に、人気店の料理は美味しかったです。

特に、客から注文を取ってから調理を始める店は、出来立てを食べられるので人気です。

また、何種類ものおかずが大皿に盛られ並んでいて、ご飯か麺の上に選んだおかずを盛り付けていくというような店は、オープンしてすぐの時間帯に行くのがおすすめ。作り立ての場合は温かいのですが、時間が経つと冷めていることが多いからです。

おすすめのフードコート&メニュー

バンコク旅行も4回目となると、フードコートごとの美味しいお店やお気に入りメニューが増えてきました。

私のおすすめメニューを、フードコート別に紹介していきます。

ピア21フードコート(ターミナル21)

BTSアソーク駅に直結しているショッピングモール「ターミナル21」の5階に、「ピア21フードコート(Pier 21 Food Court)」という広いフードコートがあります。

グリーンカレー

ここのグリーンカレーは、お値段なんと28バーツ(約98円)!と激安です。魚のすり身団子と茄子が入っています。そこそこ辛くて美味しかったです。

レッドチキンカレー

このお店は、注文してから調理をしてくれるのが好きで、いつも利用しています。レッドチキンカレーはほどよい辛さでおいしい。また、ガパオライスもおすすめ。

カレーチャーハン・フライドチキンのせ

サクサクのフライドチキンが、カレーチャーハンによく合います。

肉団子の串焼き

バンコクの屋台で必ず売っている肉団子の串焼き。1本10バーツ(35円)。安い!!
フードコート内はアルコール禁止なので、テイクアウトして部屋でビールのおつまみに。

フレッシュジュース

お好みのフルーツが入ったカップを選んで注文すると、ジュースにしてくれます。

↑ミックスベリージュース50バーツ。美味い!!

ココナッツアイス

↑ココナッツアイス、30バーツ

フードアイランド(MBKセンター)

BTSのナショナルスタジアム駅に直結のショッピングセンター「MBKセンター(Mahboonkruong Centerマーブンクローン・センター)」の6階に、「フード・アイランド」という広いフードコートがあります。

分かりやすいメニュー。料理の写真に、番号、値段、説明はタイ語と英語で表記。指さしや番号で注文できるので、今までオーダーミスの経験はありません。

トムヤムチャーハン


見た目は辛そうに見えますが、それほどでもなく、エビがごろっと入ってしっかりとした味付けです。付け合わせのライムとパクチーはお好みで。

かき氷

かき氷には、フルーツや甘く煮た野菜など、カラフルなトッピングをお好みで乗せて食べます。

タピオカミルクティー

ほうじ茶ベースで日本風のタピオカミルクティー。甘い^^
バンコクの人たちは、甘いお茶が普通。

トップスマーケット

私がバンコクでいつも宿泊するマリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスの近くに、エンパイアタワーがあります。エンパイアタワーの最寄り駅は、BTSのチョンノンシー駅です。このエンパイアタワーの地下にある「トップスマーケット」の奥に、フードコートがあります。

ここは、ほとんどがタイ料理で、日本食はありません。ローカルの客も多く訪れます。価格は1食50~60バーツのものが中心。

サラダバーやパン屋もあります。

サラダバー
パン屋

パンは中で焼いていて、焼き立てを提供しています。人気のパンは1個25バーツ。

朝食用にここでパンを買って、ホテルの部屋でコーヒーとフルーツと一緒にいただきました。

カオ・マン・カイ(鶏のせご飯・スープ付)

ここのカオ・マン・カイはおすすめです。フライドチキンはお好みでトッピング。

パッ・タイ(タイ風やきそば)

テイクアウトするほど、ここのパッ・タイはおすすめ。唐辛子、砂糖、砕いたピーナッツも付けてくれます。お好みで混ぜて食べます。

トムヤムスープ麺

麺とスープに分けてくれて、テイクアウトもできます。部屋に帰ってから、丼に移しレンジで温めて食べました。

部屋にキッチンがあるとやはり便利ですね。

マリオットエンパイアプレイス 外観
マリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイス宿泊体験 2019タイの首都バンコクにあるマリオットバケーションクラブ・エンパイアプレイスに宿泊しました。空港からの行き方、部屋の様子、サービスなどについて詳しく紹介します。...

おすすめレストラン・カフェ

フードコート以外で利用するレストランやカフェを紹介します。

大阪王将

大阪王将は、BTSチョンノンシー駅の隣、サラデーン駅近くにあります。

↑ラーメン・半チャーハン・餃子のセット、280バーツ。

ラーメンとチャーハンはまずまず、美味しかったです。日本語ができる店員がいるし、日本語メニューもあります。
本来は、セットメニューなのですが、注文時に餃子だけテイクアウトできないか聞いたら、OKとのこと。持ち帰り用ボックスは無料で、醤油・酢・ラー油付き。
餃子は日本で食べるのと変わらず、おいしかったです。

スターバックス

世界で2番目に大きいといわれているスターバックスへ行きました。BTSチットロム駅近くの大型ショッピングセンター、セントラルワールドの1階にあります。店内はとても広くておしゃれ。事前予約で利用できるミーティングルームも完備しています。

↑ナイトロブリューのサーバー

↑アイスカフェモカは130バーツ。値段は日本とほぼ同じです。

バンコクの食事で気を付けること

バンコクで食事をしたり、テイクアウトする際に、気を付けることや知っておくと便利なことがいくつかあります。

お酒の販売時間

コンビニやスーパーでアルコールを買うことができますが、販売が許可されている時間帯が決められています。

アルコール販売可能時間  11:00~14:00、  17:00~24:00

この時間帯以外にはアルコールが買えないので、買い物に行く時間帯には注意しましょう。また、販売不可の時間帯には酒類を出さない飲食店もあります。

チップ

食事をして支払いをする際、料金にサービス料が含まれている場合には、チップを支払う必要はありません。

サービス料が含まれていない場合は、食事代金の5%~10%のチップを支払いましょう。

まとめ

バンコクのグルメについて紹介しました。

ちなみに、私はもともとタイ料理が好きなので、バンコクでの食事には困りません。

その中でも個人的におすすめの、安くて美味しい食事について書きましたが、少しでも参考になればうれしいです。

 

バンコクのおすすめ観光スポットについての記事もご覧ください。

アユタヤ遺跡 ワット・マハタート
バンコク旅行 おすすめ観光地 2019バンコクに旅行したら訪れておきたい場所がたくさんあります。初めての旅行でおすすめなのはチャオプラヤー川沿いの観光スポット。6つの観光スポットについて詳しく紹介します。...
バンコク ワットアルン
激安!バンコク7泊 38,000円バンコク7泊の旅行に約38,000円(現地での交通費・飲食代を除く)で行ってきました。マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックのポイントを利用してお得に旅行できました。...



クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ バンコク旅行へ
にほんブログ村

関連記事