バリ島旅行記

バリ島の旅 2018(まとめ・気を付けるべきこと)

バリ デンパサール空港

バリ島旅行で注意すべき点などをまとめました。タクシーの利用、安い飲食店の選び方のポイント、両替をお得にする方法、など。

バリ島の旅 2018 (まとめ・気を付けるべきこと)

今回、初めてのバリ旅でしたが、5泊6日の日程もあっという間でした。

そこで、バリ初心者として滞在中に気づいたことを自分の備忘録としてまとめてみます。

移動手段 タクシーに注意

タクシーを利用する際に、注意しておきたいことがあります。

空港からホテルへの移動には、メータータクシー(ブルーバードグループ)は利用できないので、予めホテルもしくは日本から手配できる現地ツアー会社へ迎えの車を手配しておくとよいです。

というのも、エアポートタクシーはぼったくりが多いためおすすめしません

 

一方で、市街地観光エリア(クタやレギャン)の移動には、安価なメータータクシーを賢く利用しましょう。

ただし、ブルーバードグループのタクシーでも「今メーターが壊れている」と何とも分かりやすい嘘をつく運転手もいるので、乗車時に必ずメーターの稼働を確かめるように。

 

ウブドなど郊外の観光スポットには、予め行先を計画してカーチャーターで周遊するのがおすすめ。行きたい場所や滞在時間を自由に組み立てられるからです。

 

空港や、バリを代表する観光スポットのウブドでは、メータータクシーが客待ちやピックアップできないらしいです。

また、ヌサドゥアの大型ショッピングモール「バリコレクション」の車寄せで案内されるタクシーもメータータクシーではありませんでした。

実際、このタクシーを利用するとヌサドゥアエリア内一律料金でRp.40Kでした。「バリコレクション」から「コートヤードマリオット・ヌサドゥア」まで徒歩で10分少々の距離なのに…。

 

そこで、2度目は車寄せのタクシー案内人を無視して、「バリコレクション」の敷地を出たところの道(公道?)を流しているメータータクシーを利用したら、何と初乗り運賃のRp.7K(60円未満)でホテルに到着しました。

 

観光客の集まる場所では、タクシーの乗り入れひとつとっても色々な利権が絡んでいるのかもしれません。

 

飲食店選びのポイント

高級な国際リゾートホテルの中にあるレストランなどを使わなければ、格段に安く済ませることができます。

ほとんどの店は入り口にメニューを置いてるので、店に入る前に料理やドリンクの価格が分かります。また、サービス料と消費税が価格に含まれているのか、別なのかもチェックできます。

店選びのポイントは、現地の定番料理(ナシゴレン、ミーゴレン、Sateなど)と国産ビールの価格を目安にしました。

クレジットカードを使用する場合に手数料が別途加算される店もあるので、事前に店員に確認するとよいですよ。

 

マリオット・バリ・ヌサドゥア・ガーデンズ

マリオット・バリ・ヌサドゥア・ガーデンズは、今年オープンしたインドネシア初の「マリオットバケーションクラブ」の会員制ヴィラ。

2BR、2バス&フルキッチン付リビングダイニングの客室がメインで、まさに暮らすように長期滞在ができます。

シャトルでビーチまで送迎してくれて、宿泊者専用のビーチクラブのパラソル&サマーベッドも無料で開放しています。

マリオットバケーションクラブ アジアパシフィック ヌサドゥア
マリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックとはマリオットバケーションクラブ・アジアパシフィックとは、シンガポールにあるマリオットバケーションクラブのグループ会社です。ポイント制会員権を購入すると利用できる世界中のリゾートを紹介します。...

 

両替

空港での両替はレートが良くないので、ATMでクレジットカードのキャッシング機能を利用しました。

キャッシング以外では、クタ・レギャンエリアなどにある両替専門店がおすすめ。

 

良いレートを看板に掲げている小さな両替所は避けましょう。平然と「あれは昨日のレートだ」と言ったり、客にお金を渡す間際に紙幣を抜くなどのトラブルが多いらしいです。

 

バリ島の旅の感想

乾季のバリは、昼間は暑いのですが湿度が低いのでカラッとしていて、夜は気温が下がり過ごしやすかったです。

また、日本との時差が1時間ということも良いですね。時差ぼけしません。

さらに、現地のガイドやホテルのスタッフもとても親切にしてくれました。

できれば1年に1回は訪れたいと思い、初めてのバリ島を後にしました。

 

今回のバリ島旅行の手配について

最後に今回のバリ旅の手配内容は、次の通りです。

バリ旅の手配内容
  • 往復の航空券&前半2泊のホテルは阪急交通社のパッケージを利用
  • カーチャーターは現地にて手配
  • マリオット バリ ヌサドゥア ガーデンズ」での3泊は、マリオットの会員制リゾートクラブ「マリオットバケーションクラブ アジアパシフィック」にて手配

 

「マリオットバケーションクラブ アジアパシフィック」の会員権に関する詳細は、本サイトの管理者であるヨコハマリゾートまでメールまたはお電話(050-3691-4123)にてお問い合わせ下さい。

お問い合わせ

 

本ブログのコンテンツの無断転用を禁止します。
記事は掲載日時点の情報をもとに私見を述べております。
記事内容が実際のものと相違する場合が生じても、当方は責任は負いかねますので予めご了承下さい。

クリックお願いします!

にほんブログ村 旅行ブログ タイムシェアへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ バリ島旅行へ
にほんブログ村

関連記事